☆連載企画☆昨季の助っ人通信簿(最終回)~ジョンソン投手編~

☆連載企画☆昨季の助っ人通信簿(最終回)~ジョンソン投手編~

昨季、カープに在籍していた外国人選手にスポットを当てるこの連載企画。いよいよこの連載企画も最終回となりました。最後を飾るのは、今やカープの頼れるエース・ジョンソン投手です。


ジョンソン投手は来日1年目のシーズン、いきなり開幕2戦目の東京ヤクルト戦で先発登板し、1安打完封勝利を成し遂げました。抜群のコントロールとストレートの切れ味で、相手打線を打たせて取るピッチング。例年のように左腕不足に泣いていたカープにあって、待望となる左のエース。シーズン14勝をマークし、防御率1.85の数字はセリーグトップ。いきなり最優秀防御率のタイトルを獲得するまでになりました。

そして2年目は開幕投手を任され、マエケンが抜けたチームにあって、エースとしての役割を見事に果たしました。異例となる、シーズン途中での3年契約は、ジョンソン投手の信頼の厚さゆえのものでしょう。今季から3年間の契約というのは、首脳陣としても、シーズンを戦う上での計算を立てることが出来ますし、ファンとしても、毎年オフになるとやきもきすることなく、安心してジョンソン投手の投球を見ることが出来るでしょう。

さて、ジョンソン投手の昨季の成績を振り返ってみましょう。

【1軍】
26試合 15勝7敗0S(3完投2完封) 180.1回 被安打154 四死球52 
奪三振141 自責点43 防御率2.15

1年目の14勝を上回る15勝をマークしました。日本シリーズでも2試合に登板し、いずれも粘り強い投球で試合を作りました。ジョンソン投手の素晴らしいところ…それは何と言っても、試合を作る能力の高さでしょう。QS(6回3自責点以内)を達成した率は、実に92.3%!セリーグで規定投球回数を超えた投手の中で、唯一の90%越えとなっています。26試合のうち、QSが達成できなかったのはわずか2度だけ、5回持たずに降板したのはわずか1度と、その安定感はずば抜けています。


先発としての安定感はもはや言うまでもないでしょう。昨季の活躍度をS、A~Dで評価するならば、当然。いや、もはやそれだけでは計り知れないくらいの貢献度と言ってもいいでしょう。ジョンソン投手が残留、しかも3年契約というのは、カープにとって非常に大きな補強なのは間違いありません

今季、黒田投手が引退したことにより、ジョンソン投手にかかる期待はより一層大きくなります。一昨年が14勝、昨年が15勝と、非常に高いレベルで安定しています。これ以上を望むことは難しいかもしれませんが、過去2年と同等の成績が期待されますし、ジョンソン投手のコントロールと、内角を突く攻めの投球…おそらくバッテリーは石原選手と組むのでしょうが、その抜群のコンビネーションがあれば、15勝は十分に狙えるでしょう


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
16位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる