☆連載企画☆今年が勝負の年(1)~野村祐輔投手編~

☆連載企画☆今年が勝負の年(1)~野村祐輔投手編~

連覇を目指すカープ。そのキーマンであり、勝負の年となる選手にスポットを当ててみる新連載企画「今年が勝負の年」。その第1弾は、昨シーズン16勝をマークし、最多勝、そして最多勝率のタイトルを獲得した野村祐輔投手に注目してみましょう。


昨シーズン、野村投手が16勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得し、ジョンソン投手が15勝、そして黒田投手が10勝と、2ケタ勝利をマークした投手は3選手にのぼったカープ。中でもマエケンが大リーグに移籍した穴を、野村投手が見事に埋めました。野村投手の活躍が優勝の大きな要因の1つになったのは間違いありません

しかし、昨季は黒田投手が引退しました。マエケンの穴をある程度、打線の援護と野村投手の活躍で産めることが出来ましたが、さらに目の前には黒田投手が抜けた穴をいかに埋めるかが今季のカギとなります。そのためには、昨季、マエケンの穴を埋めた野村投手が、また「穴」を作り出してしまっては、連覇の夢は遠のいてしまいます。野村投手が昨季同様の活躍を見せられるかは大きなカギを握ります

昨季の野村投手の成績を振り返ってみると…

25試合 16勝3敗0S 152.2イニング 被安打139 四死球43 奪三振91 防御率2.71

数字を見れば、文句のつけようがない素晴らしいピッチングです。無駄な四球もなく、落ち着いて相手を打たせて取っているという印象でした。バッテリーも石原選手と組んでいる印象がありますが、25度の登板のうち、6度は会沢選手。しかも、バッテリー別に防御率を見ても、石原選手とのバッテリーでは13勝2敗、防御率2.73なのに対して、会沢選手とのバッテリーでは3勝1敗、防御率2.65と、どちらとバッテリーを組んでもあまり遜色はありません

また、昨季を振り返って目立つのは、普段はあまり試合をすることがないパリーグの本拠地や地方球場での勝利が多いことです。昨季の場合は呉、QVCマリン、札幌ドーム、富山と、4度の登板ですべて勝利しています。つまり、シチュエーションが変化しても、しっかりと自分のピッチングが出来た…それだけ安定感が高かったといえるでしょう

そしてもう1つ目立つのは、野村投手が投げると、なぜか打線が援護してくれるということ。自分自身が登板した試合で、果たして打線がどの程度援護してくれたかという平均援護点を見てみると、野村投手は5.74という数字になります。これは昨季のカープの3本柱の中では最も高い数字となっています。無駄な四球を出さず、テンポ良く投げ込む投球が、打線にもリズムを与えているのでしょう


野村投手が果たして昨季同様、それに近い数字を残せるかどうかは、今季の大きなカギを握ります。なんせ、ルーキーイヤーをトップに、毎年のように防御率は下がり続け、勝利数も2年目の12勝をピークに減少傾向にあったものが、昨季、一気に改善され、ベストシーズンとなりました。これが一過性のものなのか、それとも安定したものなのかは、今季の成績にかかっているといっても過言ではありませんし、昨季16勝も挙げたのですから、そこから今季どう変動するかは、チームの浮沈に大きく左右します。野村投手が大幅に勝利数を減らしてしまうようなら、自分自身が「穴」を作ってしまうことにもつながりかねません。

野村投手の場合、昨季の投球を見ていると、けして大崩れすることなく、しっかりマウンド上で粘っている…黒田投手から様々なアドバイスを得て、大ベテランの背中を見て過ごしたことを、しっかり心に留めていけば、今季も十分に活躍してくれるのではないかと思っています。

ただ、先発投手として、昨季は平均すれば6回でマウンドを下りていました。QS(6回3自責点以内)の達成率は68%となりました。この数字をもう少し上げていけるかどうかにかかっているでしょう。昨季の16勝は打線の援護、さらには勝利の方程式の安定感によっても支えられた面も大きかっただけに、自分自身が1イニングでも多く投げることで、中継ぎ陣を休ませる…エースを目指すならば、今季は昨季はあまり出来なかった課題を克服し、「エース」と呼ぶに相応しい、マエケンや黒田投手のようなかつてのエースたちのように、今年もやってくれるだろうと思わせる投球を見せてほしいと思います


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる