☆連載企画☆今年が勝負の年(4)~磯村嘉孝選手編~

☆連載企画☆今年が勝負の年(4)~磯村嘉孝選手編~

昨年期待されながら結果が残せなかった選手、昨年一気にブレイクした選手…それぞれに今季は勝負の年となります。そういった選手にスポットを当てる「今年が勝負の年」。第4回の今回は磯村嘉孝選手に注目です。


今季で7年目を迎える磯村選手。5年目までに1軍に出場した試合はわずかに6試合、放ったヒットはわずかに1本。しかし、2軍では着実に実戦経験を積み、2015年のシーズンでは2軍で打率.313の成績を残しました。打撃面でも成長を見せた磯村選手は、今シーズン、期待の若手捕手としてプロ入り初の開幕1軍のきっぷをつかみ、シーズン最終盤、優勝決定後の消化試合の際に2軍に降格するまでは、1軍に帯同し続け、日本シリーズにもベンチ入りしました

そんな今季の磯村選手の成績を振り返ってみると…

24試合 31打数5安打 2打点0本塁打 5三振 1四死球 打率.161

シーズン通して、ほぼ1軍で過ごしたとはいえ、試合に出場したのは24試合にとどまりました。当然ながら、カープには正捕手であり、カープの主力投手陣を巧みなリードで導いた石原選手がいます。また、打撃力がある会沢選手が2番手捕手として控えています。そのため磯村選手の立場は「第3の捕手」でした。延長戦など、ベンチ入りの捕手がいなくなったときに起用するという、万が一の備えのような起用でした。

「第3の捕手」というのは、起用がかなり限定的で、出番は限られてきます。かつて、1990年代に小畑幸司選手という捕手がいました。現在は球団で働いておられます。当時は西山秀二さんや瀬戸輝信さんという2枚看板の捕手がいて、小畑選手は「第3の捕手」という立場でした。やはり出番が限られ、1998年には38試合に出場しながら、打席に立ったのはわずか10回。「第3の捕手」といえば、個人的には今でも小畑選手を思い浮かべます。

ただ、「第3の捕手」であっても、ベンチに控えているというだけで、思い切った起用が出来たのかもしれません。例えば、試合終盤に会沢選手に代えて、石原選手を捕手として起用する…こういった捕手を思い切って代えるという起用も、第3の捕手として、万が一に備えて待機してくれていたからでしょう。

そんな磯村選手が最も輝いた場面…それは5月20日の甲子園での阪神戦でした。延長12回表、この回がゼロで終われば、勝てる可能性は消えてしまうという局面。2死3塁、あと1人という場面で、途中からマスクをかぶっていた磯村選手が打席に立ちます。もう、すべての捕手を使い切った状態だったので、そのまま打席に立つと、フルカウントから低めのボールに食らいつき、三遊間を破る勝ち越しタイムリー。これがプロ初打点となり、しかも決勝打となりました

昨季、1軍にほぼ帯同した磯村選手ですが、「第3の捕手」という立場である以上、今季も1軍が約束されているわけではありません。とりわけ今季の場合、2年目を迎える船越選手は最大のライバルとなってくるでしょう。1軍の座を守るためには、リード、キャッチングなどすべての面で更なるレベルアップも必要でしょうし、何よりも「第3の捕手」に甘んじず、昨季の経験を生かして、まずは会沢選手を超える…その意気込みで今季の更なる飛躍を期待したいと思います


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
13位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる