☆連載企画☆今年の節目(5)

☆連載企画☆今年の節目(5)

今年、達成されそうな個人記録をチェックしておこうという、ちょっとした連載企画「今年の節目」。今回お届けするのは、この選手が達成しそうなこの記録です。


菊池選手、プロ通算200犠打まで10

昨季の菊池選手は、あの8月7日、巨人・沢村投手から9回2死ランナーなしの場面で放った起死回生の同点ホームランを始め、4年連続ゴールデングラブ賞の卓越した守備力、そして打率.315をマークした右方向へも降格に打てる打撃力と、走攻守、すべてにわたって優勝に大きく貢献しました。

そんな菊池選手はバントが上手いことでも知られています。緊迫する場面でも、はた目から見ると事もなげにきれいなバントを決める…そこに職人的な雰囲気を感じさせます。2013年にはリーグトップの50犠打をマークし、それ以降も、プロ5年間で3度のセリーグ最多犠打となっています。昨季は打撃力の高さもあって、シーズンの犠打数は5年間では最少の23にとどまりましたが、それでもセリーグではトップの数字でした。

これまでの5年間で積み重ねた犠打数は190。いよいよプロ通算200犠打まで残り10というところまできました。過去5年間で、シーズンの犠打が10個に届かなかった年はなく、順調にいけば、今季中に十分にクリアできる数字です。

ちなみにプロ野球の歴史の中で、過去に200犠打を達成したのは38人となっています。カープ関連では石井琢朗打撃コーチが現役時代に289個の犠打を決め、プロ野球の犠打記録でも9位にランキングしています。菊池選手はこのペースで行けば、十分にこの数字も近い将来、射程圏内に入ってくることでしょう。

今シーズン、昨季のカープ上位打線である「タナキクマル」を解体する可能性もあるとしている緒方監督。もちろん、ベースは「タナキクマル」でしょうが、若手の台頭があれば、もちろん打順を入れ替える構想もあるようです。しかし、菊池選手に関しては、小技が上手いという能力を生かすのであれば、今まで通り2番が適任ではないでしょうか。昨季同様、2番に固定されれば、プロ通算200犠打はあくまでも通過点。この数字が伸びるほど、クリーンアップにチャンスで回せる可能性は高まることでしょう。ただ、昨季のように勝負強い打撃を見ていると、ただ単にバントで送るか、それともヒッティングでいくか…迷うところですね。それもケースバイケース。バントのサインが出れば、きっちり決めてくれる安心感もまた、攻撃のバリエーションを増やしてくれます。多彩な攻撃の基点となる…それが菊池選手なのです


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
16位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる