☆連載企画☆今季の選手の起用法2017(7)~若手の抜擢(投手)編~

☆連載企画☆今季の選手の起用法2017(7)~若手の抜擢(投手)編~

毎年恒例の連載企画「今季の選手の起用法」。2017年版ということで、今回取り上げるのは今季、若手の抜てきはあるのか、そして抜擢がありそうな期待の若手は?、そこを考えてみたいと思います。


昨季のカープは若手の台頭が目立った1年でもありました。そこで昨季投手で、過去に1軍での登板機会がない、もしくは少なかったものの、1軍で抜てきされた若手投手の成績を振り返ってみましょう。

・岡田投手
 18試合 4勝3敗0S 89.1回 89被安打 25四死球 60奪三振 防御率3.02
・薮田投手
 16試合 3勝1敗0S 31回 21被安打 24四死球 21奪三振 防御率2.61
・横山投手
 6試合 2勝2敗0S 26.1回 30被安打 17四死球 17奪三振 防御率5.47
・塹江投手
 3試合 0勝1敗0S 6.1回 6被安打 5四死球 6奪三振 防御率11.37
・オスカル投手
 23試合 2勝0敗0S 22.2回 32被安打 8四死球 13奪三振 防御率6.35

1軍で抜てきされるというのは、それだけ期待度が高いということでしょう。とりわけ昨季のルーキーだった岡田投手への首脳陣の期待は非常に大きいように感じます

昨シーズンは18試合に登板し、4勝をマークしました。ただ、なかなか打線の援護がなく、好投しても勝ち星がつかないケースも目立ちました。それはQS達成率が66.7%と、黒田投手に匹敵する数字を残していることからも伺えます。試合を作るものの、なかなか打線が援護してくれない…それが防御率は3.02だったにもかかわらず、4勝にとどまってしまった要因でもありました。

昨季はCSファイナルステージの横浜DeNA戦でも登板。初回に打線の強力援護で6点をプレゼントしてもらいながら、フラフラの投球でどんどん詰め寄られてしまう状況。3回までに4点を失いながらも、監督は5回まで投げさせ続けました。大舞台を経験させて、来季につなげてほしいという思いからでしょう。5回4失点で何とか試合をまとめました。そして日本シリーズでは第4戦に先発登板し、6回まで1失点の好投を見せました。大舞台での好投が今季への飛躍の糧にしてくれるのではないでしょうか

では話を元に戻して、果たして今季、まだ1軍での経験が浅い、また未経験の投手が抜擢されるでしょうか。

まず昨季を振り返ってみると、岡田投手、横山投手、オスカル投手と即戦力と期待されたルーキーはすべて1軍で起用されました。もちろんキャンプ、オープン戦を通じて結果を残し、首脳陣にアピールすることが条件となりますが、今季も即戦力として期待される加藤投手、床田投手に関しては、キャンプオープン戦以降のアピール次第では十分に1軍で抜擢される可能性はあるでしょう

加藤投手に関しては先発、中継ぎの両面から適正を判断することになるでしょう。もし外国人枠の兼ね合いから中継ぎ投手の戦力に不安を抱えることになった場合は、加藤投手を中継ぎとして抜擢する可能性は十分に考えられます。また床田投手も貴重な左腕であることから、1軍での起用が期待されることでしょう。

昨季からの現有戦力で、今季1軍での抜擢が期待されるのは、左腕の塹江投手ではないでしょうか。昨年は消化試合で3試合に登板し、1試合は先発。プロ初登板こそ1/3回で6失点と大炎上となりましたがプロ初先発の登板では5回2失点と試合を作りました。もともと非常にクレバーな投手だけに今季の飛躍が期待されます。

またその他の若手を見渡してみると、毎年故障に泣かされながらも、今年も春季キャンプは1軍メンバーに抜擢された中村祐投手、さらにはその素材は即戦力クラスとスカウトからの評価も高いルーキーの高橋昂投手といったところも、今年、自分できっかけをつかめば十分に一軍で抜擢される可能性があるのではないでしょうか。

連覇に向けて新戦力の台頭は必須です。とりわけ今季は、黒田投手の引退があったために、チーム全体でその穴を埋めていく必要があります。特定の選手の肩にすべてを背負わすのではなく、若手の台頭を含めて全員でカバーしていく…若手を積極的に起用し、1人でも多く、戦力となる選手を増やしていくことで、長いシーズンを乗り越えられるだけの投手力を築いてほしいと思います

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
13位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる