新外国人・ペーニャ選手獲得!

◎新外国人・ペーニャ選手獲得!

今季、まだ野手に関しては、すぐに戦力となる選手の補強がなかったカープ。外国人野手を1人獲得するという方針だったようですが、獲得までに時間がかかる見込み…とされていましたが、ようやく獲得となりました。昨年秋の侍ジャパンの強化試合ではメキシコ代表として、野村投手から一発を放ち、昨年は大リーグ・ジャイアンツでプレーしたラミロ・ペーニャ内野手と、契約金約1100万円、年俸約7300万円プラス出来高払いで契約したことを発表しました。背番号は5に決まりました

ペーニャ選手は31歳の内野手。内野ならどこでも守れるユーティリティープレイヤーですが、主にショート、サード、そして外野も守れます。そして何よりもスイッチヒッターという特徴があります。昨季は大リーグ・ジャイアンツで30試合に出場し、87打数26安打1本塁打10打点、打率.299をマーク。3Aでは57試合に出場し、216打数64安打5本塁打24打点で、打率.296の成績を残しています。

注目すべきは、昨年、大リーグでは26安打に対して三振は16。3Aでは64安打に対して、三振は35。3Aでは比較的三振は少ないものの、大リーグでは三振数が急激に増えるという選手は多いものの、ペーニャ選手は総じて三振が少なく、それだけミート力が高い巧打の選手といえるでしょう。そのため、芯を捕らえれば、外野の間を抜けるような長打も期待できます。近年、カープに在籍した外国人野手の中では最もミート力があるタイプではないでしょうか

なかなかレギュラーが定まらないサードを、ある程度の守備力で守れる選手、しかもサード、外野と、カープでレギュラが定まらないポジションをともに守れるという点でも、非常に良い選手を獲得したのではないかと思います。そして、スイッチヒッターというのも攻撃面にバリエーションを与えてくれるのではないでしょうか。カープに在籍した外国人選手でスイッチヒッターといえば、1975年のシェーン選手、1990年のヤング選手、1996年から4年間在籍したペルドモ選手以来、4人目となります。

近年は巧打タイプの外国人選手を獲得する傾向にありますが、結果的にパワーばかりを求めてしまい、なかなか上手く起用できていない傾向にあります。しかし、昨年はルナ選手がつなぎの4番で、打線に得点力をもたらしただけに、今季もつなげるタイプのペーニャ選手を、日本野球に馴染む環境を整え、上手く起用すれば、きっと大きな戦力となってくれるのではないでしょうか。楽しみな選手です


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる