★2/25寸評(1)★野村投手が好投!しかし期待の左腕は…

★2/25寸評(1)★野村投手が好投!しかし期待の左腕は…

いよいよ始まったオープン戦。オープン戦の開幕投手は、その年に最も期待している若手が起用されることも多いのですが、今日の先発は野村投手。昨季16勝をマークし、今季もそれに匹敵するくらいの活躍ができるかが、チームの連覇に向けての大きなカギを握ります。そんな野村投手が落ち着いた投球で3回無失点と結果を残しました

初回、いきなり大島選手にヒットを浴び、盗塁やゲレーロ選手への四球で1死1・2塁のピンチを招きます。打席には4番のビシエド選手でしたが、内角球で詰まらせてショートゴロ。ショートの西川選手が華麗にさばき、見事にゲッツーを成立させました。立ち上がりに招いたピンチを見事にしのぐと、2回、3回と相手のバットの芯を微妙にずらし、しかも内外角に上手く散らし、低めに集める丁寧でかつ積極的なピッチングで、6人の打者をピシャリと抑えました。2回以降の6人の打者のうち、4人が内野ゴロというのは野村投手らしい実践的なピッチングだったといえるでしょう

2番手の岡田投手はヒットを打たれながらも粘り強く投げる投球で2回無失点と結果を残し、先発ローテーションの有力候補として、順調な調整ぶりをアピールしました。

しかし、先発候補の中で唯一崩れたのが塹江投手。6回からマウンドに上がり、いきなり近藤選手に四球を与えてしまいました。先頭打者への四球…やはりこれは失点に繋がってしまいます。その後、1死2・3塁から高橋選手のピッチャー強襲のセカンドゴロの間に1点を失います。

続く2イニング目も先頭打者にヒットを浴び、1死から木下拓選手にレフトの頭上を超えるタイムリーを浴びました。さらにピンチを広げ、遠藤選手の当たりはセンターとライトの前に落ち、守備が交錯している間に2点を失うというまずい守備もありました。今日の塹江投手は攻めにいこうという姿勢は感じるものの、いかんせん球がばらつき、制球が定まらない中で、甘く入った球を痛打されたという感じでした。ストレートは良いものがあるだけに、あとはどう変化球を上手く活かしていくかというところでしょう。


カープ先発陣の2本柱の1人である野村投手がオープン戦開幕で上々の投球を見せました。そして岡田投手も3番手以降の投手として十分のピッチングを見せました。前々日の練習試合では九里投手が、前日は加藤投手と床田投手が先発候補として上々の結果を残しています。先発ローテーションの残りの枠は4つ。その枠を巡って、これから候補となる投手がどのようなアピールを見せるか注目です


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる