ペーニャ選手が!堂林選手も!3本の豪快アーチ

◎ペーニャ選手が!堂林選手も!3本の豪快アーチ

前日行われた韓国プロ野球・サムスンとの練習試合は、中盤までシーソーゲームの展開でしたが、6回裏、カープが一挙8点を奪う猛攻で12-7と勝利を収めました。この試合では松山選手、新外国人選手のペーニャ選手、そして堂林選手の3選手がから一発が飛び出すホームラン攻勢となりました

まずはペーニャ選手。入団会見のときは、「あまり一発をどんどん打つタイプではない」と語っていましたが、4回裏、左打席から放った打球はライトスタンドへの豪快な一発となりました。松山選手に続いて、2者連続のホームランです。左打席でのスイングは非常に鋭く、どこか2014年までカープでプレーしていたキラ選手を思い出します。来日してまだ2週間ほどですが、早くも打席での感覚をつかんできているようです。やはり前評判どおりミート力の高い打者といった感じです

そして圧巻は堂林選手。6回裏の攻撃は下水流選手の2塁打から始まり、磯村選手の2点タイムリー、西川選手の走者一掃の2塁打と、打線がつながり、ビッグイニングとなっていました。さらに2死1・2塁の場面で、堂林選手が放った当たりは右中間スタンドへの3ラン!堂林選手らしい伸びていく打球を見せてくれました。

この日は2番に入った堂林選手。石井コーチは昨年オフに、堂林選手が伸びてくれば、2番を打たせても面白いかも…という構想を描いていたようです。ただ、現状を考えると、やはり上位打線は昨年の「タナキクマル」というのがベースとなるでしょう。それよりもむしろ、鈴木選手を4番に据えるのであれば、6番打者がポッカリ空きます。ここで下位打線に向けてどう打線をつないでいくか、パワーで中軸のチャンスを活かすか…そう考えると、新井選手やエルドレッド選手といったベテランに加え、この日ホームランを放ったペーニャ選手や堂林選手も、6番当たりにはめると効果を発揮できるようにも感じます


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
14位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる