これからの注目(3)~中継ぎは?~

◎これからの注目(3)~中継ぎは?~

今年はレギュラーや先発ローテーションなど、ポジション争いが非常に熾烈なのですが、数あるポジションの中で、どこかレギュラー争いが静かなのが中継ぎではないでしょうか。多くの選手がしのぎを削っている中で、中継ぎだけはポジション争いがどこか無風の状態になっているように感じます

昨シーズン序盤から中盤にかけてヘーゲンズ投手、ジャクソン投手、そして守護神の中崎投手という勝利の方程式を組んでいました。その後、今村投手が1軍でようやく本来のピッチングを取り戻してきたこと、そして先発のコマ数が不足してきたこともあって、勝利の方程式の一角に加わりました。

今年、春季キャンプを通してみていると、今年も今村投手、ジャクソン投手、そして中崎投手という勝利の方程式は固定…そんな印象を受けます。他のポジションに比べて、この中継ぎ枠争いは無風だと感じるのは、おそらくこのような点にあるのでしょう。

ただ、もう少し熾烈さがあってもいいのではないかという気もします。なんせ、今村投手、ジャクソン投手、中崎投手といえば、昨年はすべて60試合以上に登板しており、日本シリーズでも登板がかさみました。昨年同様のパフォーマンスを、今年もシーズン通して発揮できるかどうかは未知数です。そのため、長いシーズンを乗り切るためには、中継ぎの層をより厚くしておくことが求められます

今一度、現時点での中継ぎのポジション争いを振り返ってみると…

【右投手】
中崎投手、今村投手、ジャクソン投手、ブレイシア投手、一岡投手

【左投手】
飯田投手、オスカル投手

このような感じでしょうか。先発ローテーション争いをしている投手の顔ぶれに比べると、絶対的なコマ数が少なくなっています。春季キャンプでは一岡投手の調整ぶりが非常に順調とされている一方で、新外国人のブレイシア投手は沖縄キャンプで、韓国プロ野球・サムスンとの練習試合でも1回3失点と、まだ日本のマウンドに馴染めないのか、1軍の外国人枠に割って入るだけのインパクトを残せていません。

先に挙げた7人の中継ぎ候補とされる投手に加えて、先発候補とされた投手のうち、先発ローテーションから漏れた投手が中継ぎに回ることも想定されます。そのような投手はロングリリーフも役割の1つとなるでしょう。薮田投手や中村恭投手といったところが、先発争いから漏れれば、中継ぎに回ってくるのではないでしょうか

昨年のカープは「逆転勝利」が45回もありました。そこには中継ぎ陣が無駄な失点を与えない試合が多かったことも大きな要因となりました。それだけ中継ぎは重要なのですが、今季のここまでのキャンプを振り返ってみると、確かに勝利の方程式はメンバーが決まっているのかもしれませんが、長いシーズンを戦う上では不安要素も大きいのが現状です。

先発候補は多くいる反面で、中継ぎ候補の数が少ないだけに、ここをどう層に厚みを持たせていくか…先発枠がある程度固定されてくれば、中継ぎの陣容も見えてくるのでしょうが、「先発でダメだったから中継ぎに」というのではなく、勝利の方程式以外の中継ぎもこれからのオープン戦を通じてしっかり戦力の見極めをしてほしいと思います


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる