★3/12寸評(2)★薮田投手、飯田投手が中継ぎでまずまずも…

★3/12寸評(2)★薮田投手、飯田投手が中継ぎでまずまずも…

一岡投手が故障で離脱し、中崎投手はいまだ実戦での登板がない…今のカープ中継ぎ陣は不安要素でいっぱいです。少しでも中継ぎの層に厚みを持たせていくことが、開幕までに求められる中、先発候補の1人だった薮田投手、そして左の飯田投手が揃って、中継ぎで登板しました。

薮田投手は、これも彼自身の投球なのか、ストレートは走っているものの、相変わらずの荒れ模様。先頭打者の西浦選手に対してはフルカウント勝負となりながらも、最後は低めの変化球で三振を奪うと、続く西田選手にもフルカウントから、最後の球は目の覚めるような外角低めのストレートで見逃し三振を奪いました。さらに広岡選手にもフルカウントから、最後は自慢のストレートで三振。

すべてフルカウント勝負となり、がたがたと崩れるかどうか紙一重のようなピッチングでしたが、最後は自分のストレートを信じて、思い切り投げ込んでいたという感じでした。三振が奪えるピッチングは中継ぎ投手としても魅力的ですが、やはりフルカウントまでのもつれ込む紙一重の投球…中継ぎは無駄な四球が致命傷となる可能性も高いだけに、ここは課題となるでしょう。

飯田投手にも同じようなことが当てはまります。6回からマウンドに上がり、先頭打者にはフルカウントから最後は低めの球でショートゴロに打ち取ります。続く坂口選手にもやはりフルカウント。最後は三振を奪いましたが、何とか抑えたという印象。鵜久森選手にもフルカウントから最後はレフト前に落とされるヒットを打たれます。しかし最後は雄平選手をショートファウルフライに抑え、こちらも1回無失点と結果を残しました

この2人が対戦した合計7人の打者のうち、6人がフルカウント勝負。紙一重の勝負ばかりで、けして安定感があるという印象ではありませんでした。しかし、薮田投手はストレートで三振を奪い、飯田投手は雄平選手、坂口選手と左打者をしっかり抑えたことは大きな収穫だったのではないでしょうか。薮田投手は起用を見ても、どうも中継ぎに回る可能性が高そうですが、ともに今、層が薄い中継ぎ投手事情を解決する糸口になってくれるといいのですが…。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる