☆3/19寸評(2)☆守護神に不安残る

☆3/19寸評(2)☆守護神に不安残る

カープ先発・岡田投手は初回から150キロに届くストレートを中心にした攻めのピッチング。初回に無死1・2塁といきなりピンチを迎えますが、大谷選手をセカンドゴロに抑えると、レアード選手には外角低めの150キロのストレートで三振を奪い、続く田中賢選手も高めのストレートで三振を奪いました。5回に西川選手、大谷選手にソロ本塁打を浴びますが、6回を投げて、ちょうど100球、2失点に抑え、見事に試合を作りました。これで開幕2戦目の先発に向けて、準備は整ったというところでしょう

一方で準備が遅れ、心配を感じさせたのが守護神の中崎投手。とにかくストレートに球威を感じられず、変化球で交わそうという投球が目立ちました。先頭の岡選手には渾身のストレートも140キロどまりで、それを狙い打たれ、左中間スタンドに運ばれてしまいました。得点差があったので、試合の流れでは問題ないのかもしれませんが、1点を争うゲームでは不安を感じさせる球威でした

その後、2死まで奪いますが、中島卓選手にレフト前に運ばれると、続く森山選手には四球。ピンチを広げてしまいました。結果的に、続く石井一選手を抑え、失点は1にとどめましたが、中崎投手らしくない投球に終始しました。

前回の登板でも感じました。おそらくストレートの球威に不安を感じているのでしょう。それでも結果を残さなければならないと、変化球で交わそうとする守りのピッチング。150キロを超えるような豪快なストレートではなく、140キロに到達のするがやっという感じでした

インフルエンザで出遅れましたが、それでも開幕まで残り2週間を切った今、どこまでストレートの球威を取り戻せるか…ここに尽きるでしょう。現時点では今村投手、ジャクソン投手がまずまずの調整で仕上がってきているだけに、守護神の調整遅れが目立つというのが正直なところ。ここを2週間で果たしてどこまで取り戻せるかが注目されます。もし難しければ、今村投手を筆頭に、ひとまず開幕時点での勝利の方程式を見直す必要に迫られる可能性もありそうです。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる