☆3/20寸評(1)☆加藤投手、5回2失点も球数が…

☆3/20寸評(1)☆加藤投手、5回2失点も球数が…

今日の先発はルーキーの加藤投手でした。ここまで数字の上ではまずまずの結果を残し、先発ローテーション入りへ何とかその可能性を残しているという感じですが、最大の課題は球数。ボールがばらつき、どうしてもムダに球数が増えている傾向が強くあります。その課題を克服してこそ、開幕ローテーション入りへの条件となるのでしょうが、今日の登板でも課題は改善できませんでした

初回は2死から小谷野選手に四球を与えてしまいました。すんなりといかないのが加藤投手の課題でもあり、それでも何とか踏ん張ってくれるのは加藤投手の良さでもあるのでしょう。しかし、初回からボールが高めに浮く、いわゆる抜け球も多く、まとまりのないピッチングでした

3回には先頭打者にヒットを許すと、続く吉田正選手にはストレートの四球。バントで送られ、1死2・3塁のピンチで、小屋のせんしゅにはおいこみながらも、なかなか勝負球が決まらず、フルカウントからの8球目、高めのストレートをセンターへはじき返される3塁打となってしまいました。それ以上の失点は防いだものの、3回を終わって、すでに球数は66球となっていました。

加藤投手は5回を投げて、被安打4、2失点と数字では最低限試合を作りました。しかし、その間に要した球数は102球。球数を何とか抑えたいという気持ちが強過ぎるのか、ボールが高めに抜けたり、力んで低めに入っていったりと、かえって球数を増やしてしまうという悪循環となりました。

確かに、球数を気にしすぎても、加藤投手本来の持ち味を失ってしまう可能性もあります。しかし、先発を担うためには、球数がかさむと、打線のリズムも悪くなり、さらに早い段階で降板することにあり、中継ぎに負担をかけてしまいます。また自分自身も、長いシーズンを戦うにあたって、毎回球数がかさんでしまうと、スタミナをどんどん奪われかねません。勝負を急がず、それでいて相手を抑えていくにはどうすべきか…難しいところですが、先発を担うためには球数をある程度抑えるピッチングが求められます


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる