☆3/26寸評(1)☆エル砲同点弾!オープン戦最下位危機救う

☆3/26寸評(1)☆エル砲同点弾!オープン戦最下位危機救う

打線が低迷する中、前日はオープン戦といえども、相手の継投の前にノーヒットノーランを食らい、さらに今日の試合でも7回までゼロ行進と、20イニング連続で得点できない深刻な状況が続いていた中で、8回裏、代打で登場したエルドレッド選手が、そんな沈滞ムードを一掃する同点弾を放ちました。

8回裏、1死ランナーなしから代打で登場したエルドレッド選手。岩崎投手の2球目、高めのストライクゾーンに入って来た球を振り抜きました。もう少し高めのボールゾーンに来ていたら、空振りしていたでしょう。しかし、ストライクゾーンに入ってくれば、エルドレッド選手としては最も得意なゾーンの1つ。その打球は右中間スタンドに飛び込む同点アーチとなりました。これでマツダスタジアムは一気に盛り上がり、球場の空気は一変しました。

やはりエルドレッド選手のもつパワーというのは、それが見事なタイミングで発揮されると、チームにもスタジアムにも最高の力をもたらしてくれます。オープン戦の打率は終わってみれば.098と、1割に届かない結果となりましたが、最後の最後にチームにもたらしたインパクトは大きなものとなりました。そのしてこの一発が、巨人が敗れたことで、オープン戦最下位の危機を開始する貴重な得点となりました

外国人選手の1軍枠争いは非常に熾烈です。しかし、ジョンソン投手とジャクソン投手は1軍決定でしょうが、残り2枠をどうするか…そこには投手を3人にするか、それとも投手・野手とも2人ずつにするかの、二者択一となるでしょう。ペーニャ選手はこのところ打撃の調子を落としています。しかしスイッチヒッターという魅力もあり、サードを争う選手に中では最も結果を残しました。エルドレッド選手も打率.098と低迷していますが、今日のように球場の雰囲気を一変させる長打力という魅力があります。一方でヘーゲンズ投手は先発も中継ぎも出来るものの、先日は1回4失点と結果を残せないマウンドもありました。果たして首脳陣はどのような選択をするかが注目されます


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
12位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる