☆4/2寸評☆九里投手が好投!打線も援護し、圧勝でカード勝ち越し

☆4/2寸評☆九里投手が好投!打線も援護し、圧勝でカード勝ち越し

27個の四球が乱れた昨日の試合。初回にいきなり4点を失いながらも、チーム全体で、勝負を諦めることなく、最後は安部選手のサヨナラ打で勝利しました。今季初勝利は大乱戦の末の劇的サヨナラ。この勢いに乗って、一気にカード勝ち越しを狙った今日の試合は、昨日の勝利で得た勢いそのままに、投打がかみ合った試合となりました


カープの先発は九里投手。オープン戦では抜群の安定感を見せました。その安定感はシーズンが始まっても、変わることなく、抜群のコントロールと、ランナーが出ても平常心で淡々とリズム良く投げる姿…昨年までとはまったく趣の違う投球で、そこには見ている側にも安心感を与えるものがありました

初回、先頭の高山選手のいきなりセンターへ運ばれますが、続く上本選手をゲッツーに抑えました。ここ2試合、阪神の1・2番コンビにかき回され、得点に結び付けられていましたが、初回にこの1・2番でゲッツーを奪ったことで、九里投手はまずこの試合の主導権を握りました。

九里投手はランナーを出しても決定打を許さないピッチング。3回には糸井選手に一発を浴びましたが、多彩な変化球を織り交ぜながら、内角を積極的に突きました。特に、自身がヒットでランナーとして出塁し、そのイニング中、ずっとランナーとなっていた直後の5回表のピッチングが注目されました。1死から上本選手に2塁打を浴び、糸井選手に死球、福留選手には四球と、ちょっとバタバタしましたが、原口選手に対しては、追い込んでから内角をえぐるようなシュートで詰まらせ、サードゴロゲッツーでこのピンチを脱しました。

九里投手は6回を投げて、阪神打線を1点に抑えるナイスピッチング。ようやく3試合目にして、先発が試合を作ってくれました。そうなれば、あとは打線がどこまで援護できるかということになりますが、今日は打線も序盤から活発に得点を奪いました。

初回、田中選手のヒットの後、続く菊池選手が低めの、見逃せばボール球を上手くすくい上げ、レフト線に落とすタイムリー。レフトが打球の処理にもたついている間に、田中選手は一気にホームを突きました。さらに丸選手もライトへのタイムリーを放ちました。「タナキクマル」で一気に先制パンチを決めました

3回には1死1・3塁の場面で新井選手。内角の球を上手くはじき返した当たりは、左中間を破る2塁打に。1塁ランナーの丸選手も一気に生還し、さらに2点を加えると、7回には1死満塁から会沢選手のライトフェンス際へのライナー性の打球を福留選手が落球し、2点を追加すると、堂林選手にもタイムリーが飛び出し、この回だけで一挙5点を奪い、試合を決めました。


開幕戦でエース・ジョンソン投手が炎上し、2戦目も岡田投手が2回までに6点を失うピッチングを見たときは、果たしてこの3連戦はどうなってしまうのか…という不安ばかりでしたが、打線がベストメンバーとなり、昨年のような粘りが戻り、残り2つを勝利し、開幕カードで勝ち越しを決めました。まずは順調な滑り出し、この勢いのまま、開幕ダッシュへ向けて、火曜日から今季初の敵地での3連戦に乗り込んでほしいと思います。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
13位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる