☆4/5寸評☆床田投手がプロ初登板で試合を作るピッチング

☆4/5寸評☆床田投手がプロ初登板で試合を作るピッチング

試合終了は22時40分前のこと。総力戦の長い試合となりましたが、その結末は今季初の引き分けとなりました。しかし9回表、鈴木選手にレフト前ヒットで本塁を突いた丸選手。一時、判定はアウトとなりましたが、ビデオ判定の結果、足が入るのが速かったということでセーフに!この1点で同点に追いつき、中継ぎ陣の踏ん張りもあって、負けることなく試合を終えました。特に中田投手は最終回の無死1・2塁の大ピンチを見事に切り抜けてくれましたこれは価値のある引き分けだったのではないでしょうか

さて、今日のカープ先発はルーキー・床田投手。プロ初登板が初先発となりました。初回、大島選手に高めに入った外角の変化球を上手くレフトにはじき返され、バントで送られた後、ゲレーロ選手に真ん中寄りに甘く入った球をセンター前にはじき返され、1点を失いました。しかし、その後の2死満塁のピンチで、堂上選手を見事外角のストレートで三振を奪いました。初回のピンチを何とかゼロで切り抜けました。

その後の床田投手は、リズムもあり、そしてコントロールも低めに集める丁寧なピッチング。ランナーを出しながらも、何とか踏ん張り粘りを見せたのですが、勝利投手がかかった5回裏に、3本のヒットで1点を奪われてしまいました。7回には3塁まで進められたランナーを、今村選手が犠飛を打たれたことで、本塁に生還されてしまい、3失点目を喫しました。

しかし、床田投手は試合を作りました。9本のヒットを打たれながらも、粘りのピッチングで7回途中まで109球を投げぬきました。勝ち星をつけることができなかったのは残念でしたが、その一方で、最終回にカープが粘りを見せ、鈴木選手のタイムリーで同点に追いついたことで、負けが消えました。ピッチング自体で負けなかったことは、次への活力となることでしょう。そして、先発としての仕事を十分に果たしたピッチングで、次の登板に対する期待も膨らみました。待望の先発左腕が、プロの世界で上々のスタートを切りました


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
13位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる