FC2ブログ

MIDNIGHTな「TSU・BU・YA・KI」(4)

前回のこのコーナーが昨年の9月4日。
4ヶ月ぶりのご無沙汰じゃけど、
ちょっと気になることがあったけえ、
久々にこのコーナーをやってみることにしたんよ。


最近、広島の地元紙・中国新聞では、
毎週日曜日に「カープV逸20年 私の提言」という
連載をやっているんじゃけど、
その内容がすごく面白くて、毎週楽しみに見とる。

先週はヒゲでおなじみの
元カープ2軍監督・木下富雄さんの提言だったけど、
その内容は気になるものばかりじゃった。

木下さんが2軍の監督時代に
「全部負けてもいいから、1年間で1人1軍に上げて」と
球団から要望されたそうなんよね。

それも気になるところなんじゃけど、
2003年に2軍のカープが優勝争いをしているとき、
当然、監督としては優勝を目指して勝つ戦いをしようとしたとき、
球団からは「それは球団の育成方針と違う」と反対されたらしい。


まずは、なぜ監督に任せることが出来ないのか、
球団が口を出してくるのかということ

まるで「勝ったらいけない」と言いたいように聞こえるんよね。

確かに2軍は育成が目的であって、
勝利は二の次である側面が多いとは思うんじゃけど、
優勝争いをしているというのは、
若手の成長を示しているのであって、
それによって勝利を積み重ね、結果として優勝争いをしているんなら、
こんなに喜ばしいことはないと思うんじゃけどね。

しかも、カープ1軍は、今、20年も優勝から見放されていて、
優勝争いの経験のない選手がほとんど。
だから、2軍でも優勝争いの経験ができるというのは、
すごく成長の糧になるようにも感じるんじゃけどね。

優勝争いのプレッシャーの中でも結果が出せるかどうか…
それは普段の練習では絶対に出来ん。
優勝争いをしなきゃ、出来んことじゃけえね。
それも2軍では貴重な育成方法だと思うんよ

1軍も2軍も問わず、
もっと球団も勝ちに執着せえや!
試合をする以上は、全部勝つ気持ちで挑めえや!
目の前にあるチャンスは、とことん活かせえや!

ということなんよね。



そしてもう1つ、木下さんがおっしゃるには
「最近は選手同士の仲がすごく良い。
これも勝てない一因なのかなと思う」
ということ。

日頃の生活ぶりを見たわけじゃないけえ、
何とも言えんのじゃけど、
これもすごくうなずけたりするんよね。

去年、未曾有の打線低迷、得点力不足…
それは低反発球の影響だけじゃないと思うんよね。

一人が調子が悪くなれば、
みんなが風邪をひく
みたいなところがあったけど、
まさにそういうことだと思う。

みんなが調子が悪いときこそ、
自分が一発打って、リードしたる!
くらいの
気持ちになれる選手が少ないんよ。

結局は、東出選手や栗原選手みたいに、
大舞台を経験した選手だけが自分自身を貫いて、
周りが不振でも、しっかり結果を残しとる。

周りが不振だからこそ、
自分が目立ってやる、首脳陣にアピールしてレギュラーを奪ってやる…
チームプレイは大切だけど、
その中では私生活でもレギュラー争いに火花を散らすことが
チーム力を高めていくと思うんよね



いずれにしても、木下さんの話を聞いていると、
球団は現場に口出ししすぎとる
口は出しても金は出さない…では、どうしようもないんよ。

「金は出すけど、口は出さん。
現場はすべて監督とコーチにすべて任せるから、
勝つために必要なことがあったら、どんどん言ってくれ」

球団もそのくらいの気概が必要なんじゃないかのう。

そしてチームとしても、従順な選手ばかりじゃなく、
もっと周りをライバル視してほしいよの。
自分自身の生活もかかっとるわけじゃけえ、

周りが調子悪いから、自分も悪くなった…じゃなくて、
そんなときこそ、選手にとっては大きなチャンスなんじゃけえ。



=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
楽しんでいただけましたか?ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

野球の野もじも解らんのが口だすな。

確かに。

野村がサンフレッチェの采配にもんくいいよるようなもん

後、時には仲良し時には敵これが出来てるスポーツチームはかなり強い

例えば日ハムや西岡のいたときのロッテなど優勝するチームはこんなもん

戦力がよくても根本的な何かをかえなーあかんきがするんよね
フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる