カープ、今節の展望

◎カープ、今節の展望

東京ドームで巨人、そして甲子園で阪神と、敵地で、しかも現在Aクラスの2チームとの対戦となった前節のカープ。好調な滑り出しとなったカープにとっては、真価が問われる6連戦でしたが、巨人3連戦はすべての試合でカープらしい「逆転勝利」で、3タテに成功。打線は3試合で29得点を奪い、一時は連勝を10まで伸ばしました。そして阪神との3連戦は今シーズン初めてカード負け越しとなりましたが、それでも先発投手はしっかり踏ん張り、試合を作ってくれています。敵地での6連戦を4勝2敗と、2つの貯金を作ることに成功しました

開幕してまだ15試合ではありますが、ここまで連敗はありません。敗れた直後の試合でも、しっかり立て直し、自分たちの野球を見せているところに強さを感じます。劣勢でも跳ね返そうとする底力と、昨年優勝したことで選手が大きな自信をもって、その自信をプラスにして試合に臨んでいることにあるのでしょう。優勝の喜びを味わい、日本シリーズに敗れた悔しさもある…大きな忘れ物があるからこそ、それを取り戻すという大きな目標に向かって、目の前の試合に必死で勝利を手繰り寄せようと、一丸でプレーしているように感じます。


さて、今節は地元・マツダスタジアムに戻って、横浜DeNAとの今季初対戦が控えています。昨年のCSファイナルステージ以来の対戦です。その後、神宮球場に移動して、東京ヤクルトとの3連戦が待ち構えています。

先発ローテーションはこれまでの順番どおりであれば、横浜DeNA3連戦が野村投手、床田投手、大瀬良投手、東京ヤクルト3連戦が加藤投手、岡田投手、そして九里投手ということになるのでしょう。右のエースである野村投手は、前回登板の11日の巨人戦で5回3失点で降板しました。先発として、右のエースとしての役割を果たすことが出来なかっただけに、次回登板では野村投手らしいピッチング、そして1イニングでも長く投げ、試合を作るピッチングを見せてほしいところです。

そしてもう1人が加藤投手。ここまで2試合に登板して、いずれもQS(6回3自責点以内)を満たしています。ただローテーションどおりであれば、7日の試合で9回途中までノーヒットノーランという快投を見せた東京ヤクルトと再び対戦することになります。相手も2度目ということで、対策を練ってくることでしょう。果たしてその中でどのようなピッチングを見せるのかも注目されます。その前に、咽頭炎で離脱中のジョンソン投手、果たして復帰はいつなのか…こちらも気になるところです

さて、今節はまず地元での3連戦は、本拠地の利を生かして2勝1敗でカード勝ち越しを決めたいところ。そして敵地での東京ヤクルトとの3連戦は、ここまで5位となかなか波に乗れない相手だけに、カープとしては敵地で初戦をしっかりモノにし、カード勝ち越しを狙いたいところ。4勝2敗でいけるかどうか…それを実現できれば、貯金は10となるところですが、果たして?


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
17位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる