★4/16寸評★九里投手、好投報われず8回に力尽きる

★4/16寸評★九里投手、好投報われず8回に力尽きる

1勝1敗のタイで迎えた甲子園での阪神3連戦。今日の先発は九里投手でした。初回から糸原選手、高山選手を連続三振に抑えるなど、3人でピシャリと抑える順調な立ち上がりを見せました。2回にはいきなり福留選手、原口選手と連続四球を与え、昨年までの九里投手の顔をのぞかせましたが、それでも冷静にその後の打者を抑えるピッチングに、昨年とは違うところを感じさせました。

しかし3回。先頭の能見投手に四球を与えてしまい、さらに糸原選手にも連続で四球を与えると、続く高山選手の当たりは、九里投手が打球をグラブに当てたものの、キャッチすることは出来ず、内野安打とされてしまいます。無駄な四球、そして出来ればキャッチしておきたかったピッチャーゴロで作ってしまった無死満塁の大ピンチで、続く糸井選手の当たりはファーストゴロ。新井選手は本塁ゲッツーを焦ったのかもしれません。前にこぼし、辛うじて打者走者を1塁でアウトにするのが精一杯で、同点を許してしまいました。

2回、3回と先頭打者から2人を四球で歩かせてしまいましたが、それでも4回以降は立ち直りました。6回には原口選手から、7回の3人の打者まで5者連続三振を奪うピッチング。多彩な変化球を交えながら、低目を意識し、されでいてしっかりと攻めていく巧みな投球でした。

7回を終わって、すでに球数は110球を越えていました。昨日、岡田投手が完投し、中継ぎ投手をしっかり休ませることが出来ただけに、ここで交代するのも1つの手ではなかったでしょうか。しかし、8回も続投という采配に至ったのは、同点であったために延長戦を視野に入れていたこと、中崎投手が不在だけに、中継ぎの起用が難しくなっていること、そして九里投手にも先発として1イニングでも長く投げるという経験を積ませたかったということ…いろんな思惑があったのでしょう。

しかし、8回は先頭の糸原選手を辛うじてセカンドゴロに抑えましたが、高山選手にセンターへ運ばれ、2死まで持ち込みますが、盗塁と四球で2死1・2塁のピンチを迎えて、打席には原口選手。「とにかくあと1つアウトを…」という思いだったのでしょう。しかし、原口選手の打球は三遊間をしぶとく破られるヒットとなってしまいました


九里投手は8回途中で降板。これは九里投手自身、プロ入り後最長のイニング数でした。そして10奪三振はプロ入り最多。九里投手にとっては、初めて尽くしのマウンドでした。確かに無駄な四球はありましたが、それでも8回途中まで、阪神打線をわずか4安打、多彩な変化球で幻惑する見事な投球を見せてくれました。

九里投手は開幕から3試合連続でQS(6イニング3自責点以内)を達成し、しっかりと試合を作っています。今日は残念ながら、打線の援護がなく、好投が報われませんでしたが、安定感は今の先発陣の中でもトップクラスです。試合を作ってくれるという信頼を徐々につかみつつある右腕…次回の登板では打線もしっかり援護して、勝ち星をつけられるように一丸で勝ちをつかみましょう


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
14位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる