★4/20寸評★粘ったけれども…やはりミスが痛かった

★4/20寸評★粘ったけれども…やはりミスが痛かった

カープ打線は非常に良く粘りました。3点ビハインドとなった7回裏、それまでゼロに抑え込まれていた横浜DeNA先発・井納投手に対して、松山選手がレフト線へ2塁打を放ったのをきっかけに、エルドレッド選手、安部選手の連打でようやく1点を奪いました。前日、1安打完封負けを食らい、どこか打線に元気がなくなってきた中で、安部選手がようやく重たい扉をこじ開けてくれると、1死2・3塁から小窪選手の当たりはセカンド右へ。そんなに勢いのない当たりですが、転がったところが絶妙で、セカンドが追いつけず、ぼてぼてと転がる間に、2人の走者が一気に生還し、同点に追いつきました。

確かに、延長10回表、1死1塁から四球を連発してしまい、そこから決勝点を許してしまった今村投手の投球には悔いが残るところ。しかし、2イニング目に入り、コントロールに多少ばらつきが出てきたのは間違いありません。やはり中継ぎ投手の2イニング目というのは、いくら1イニング目がすんなり終わったとしても、リスクがあるものです

それよりも、むしろ7回表の横浜DeNAの攻撃。カープ先発・大瀬良投手は2回に内野ゴロの間に1点を失ったものの、5回、6回と3人ずつで抑え、リズムに乗ってきました。そして7回表もロペス選手から三振を奪い、いよいよ大瀬良投手が先発投手としてリズムをつかんできたなというのを感じさせるピッチングでした

しかし、続く倉本選手のショートゴロ。これを田中選手がはじいてしまうエラー…。今年はどうも田中選手のミスが目立ちます。今季でもう6つ目のエラー。この調子なら、年間に50個近くエラーをする計算になってしまいます。そしてここから2死まで奪いますが、戸柱選手にレフト線へヒットを打たれ、さらに横浜DeNA先発・井納投手にも高めの球を強振され、セカンドとファースト、ライトが追いかけるその間に落ちるタイムリーを打たれてしまいました。1つのミスから重たい失点を喫してしまい、同点には追いつけても、それ以上を奪うことが出来ないまま、試合は終わりました。

今季は田中選手のエラーが非常に多くなっているというのが気になるところ。その反面、打線は3点のビハインドを、7回に執念で追いつきました。前夜、1安打完封負けを喫し、そして今日も6回まで無得点。あれほど好調だった打線が静まり返ってしまいました。その中で追いついた粘りを見せました。2カード連続負け越しとなり、今季初の連敗を喫しました。本拠地でのカード負け越しは痛いところですが、まだシーズンは始まったばかり。この連敗を引きずらずに、ここでしっかり食い止めることが出来るか…今日の7回の粘りを明日につなげてほしいと思います


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
17位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる