カープ、今節の展望

◎カープ、今節の展望

前節から始まった交流戦。カープはメットライフドームで埼玉西武と3連戦、そしてその後、地元・マツダスタジアムに戻って千葉ロッテとの3連戦の計6試合を戦いました。埼玉西武戦は当時、腰の違和感で離脱中の野村投手に代わって、先発を任された薮田投手の力投で勝利を収め、5-0、9-4、2-4と、2勝1敗でカード勝ち越しを決めました。

そして移動日なしで、2日かけて所沢から広島に移動した千葉ロッテ戦は、延長12回の末に敗れるという疲労がたまる試合でスタートしましたが、支配下登録されたばかりのバティスタ選手のいきなりの活躍もあり、4-5、6-5、7-1と、巻き返しに成功し、2勝1敗とカード勝ち越しとなりました。交流戦の出だしの6試合を4勝2敗という好スタートを切りました。そして、バティスタ選手の活躍で、チーム全体にも再び勢いが高まってきたように感じます


さて、今節は札幌ドームで、昨年日本シリーズを戦った北海道日本ハムと、そして仙台に移動して、パリーグ首位の東北楽天と、計6試合が行われます。カープにとっては、敵地での6連戦、しかも北海道、仙台と長距離移動が重なるという厳しいスケジュール。今節は交流戦の正念場となります

しかし、そんな厳しい状況の中でも大きな光が。それは何と言っても、エース・ジョンソン投手の復帰でしょう。前節では腰の違和感で離脱していた野村投手が1軍に復帰しましたが、今節は咽頭炎で離脱していたジョンソン投手が復帰する予定です。カープの2枚看板がようやく揃うことになります。

そんな先発予想ですが、まず北海道日本ハム戦では薮田投手、大瀬良投手、そして岡田投手の順でしょうか。そして、仙台の東北楽天戦はジョンソン投手、野村投手、そして中村祐投手の並びでしょうか。東北楽天との3戦目の先発が、九里投手か中村祐投手かで読みにくいところですが、果たしてどうなるでしょうか。


ビジターでの戦いは、とにかく早い段階で1つ奪うことが重要です。とりわけ今節は日頃試合をすることがない札幌ドーム、そしてKoboパーク宮城での試合。より一層初戦が重要となります。

北海道日本ハム戦は昨年、日本シリーズを戦った相手だけに、まずは交流戦でリベンジしてほしいところ。東北楽天は勝率7割以上で首位を快走していますが、パリーグの中ではとりわけ消化試合が少なく、これまで日程的にも6連戦が少なく、非常にゆとりがありました。交流戦は6連戦が基本線だけに、ここでチームの体力がどこまであるかが証明されるでしょう。逆に言えば、カープにとってはそれがチャンスでもあります。まず3連戦で1勝を早く奪う…この6連戦を最低でも3勝3敗で乗り切ることが出来れば、来週、地元・マツダスタジアムでの6連戦につながるはずです


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。






スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

No title

正直中村祐投手はまだ半信半疑ですが、勢いのある今は九里投手より上な気がします。

二軍では戸田投手もいい投球したようですし、先発投手の人員に余裕が出てきましたね!
フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
13位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる