セリーグ順位表(6/4終了時点)

◎セリーグ順位表(6/4終了時点)

1位:広島 55試合33勝21敗1分 勝率.611 勝差 -
2位:阪神 52試合31勝21敗0分 勝率.596 勝差 1.0
3位:横浜DeNA 54試合24勝28敗2分 勝率.462 勝差 7.0
4位:巨人 53試合23勝30敗0分 勝率.434 勝差 1.5
5位:中日 55試合22勝30敗3分 勝率.423 勝差 0.5
6位:東京ヤクルト 53試合20勝32敗1分 勝率.385 勝差 2.0

わずか1週間ほどで、これほどまでに大きく順位が変動するのかと驚くほどです。何といっても、巨人が11年ぶりの10連敗。一気に失速し、借金8で4位に転落していますが、それとともに、2位・阪神と3位・横浜DeNAとのゲーム差が7にまで広がり、目下のところ、セリーグのペナントレース争いはわれらがカープと阪神の一騎打ちの様相を呈してきました。

交流戦に入る直前でカープは首位に浮上しましたが、交流戦に入って6試合、勝ち負けの並びが阪神とまったく同じというのも驚きです。ただ、今は順位がどうのと言う前に、厳しい交流戦での戦いを、1つずつ、自分たちの守り勝つ野球で、後ろを気にすることなく、前だけを見てどんどん突き進んでいくだけです


さて、今回は交流戦のここまでの順位も振り返ってみましょう。

1位:オリックス 6試合6勝0敗0分 勝率1.00 勝差 -
2位:東北楽天 6試合4勝2敗0分 勝率.667 勝差 2.0
3位:広島 6試合4勝2敗0分 勝率.667 勝差 0.0
4位:福岡ソフトバンク 6試合4勝2敗0分 勝率.667 勝差 0.0
5位:阪神 6試合4勝2敗0分 勝率.667 勝差 0.0
6位:埼玉西武 6試合3勝2敗1分 勝率.600 勝差 0.5
7位:北海道日本ハム 6試合3勝3敗0分 勝率.500 勝差 0.5
8位:中日 6試合3勝3敗0分 勝率.500 勝差 0.0
9位:横浜DeNA 6試合2勝4敗0分 勝率.333 勝差 1.0
10位:千葉ロッテ 6試合2勝4敗0分 勝率.333 勝差 0.0
11位:東京ヤクルト 6試合0勝5敗1分 勝率.000 勝差 1.5
12位:巨人 6試合0勝6敗0分 勝率.000 勝差 0.5

毎年、セリーグが苦戦を強いられている交流戦ですが、最初の6試合が終わって、今年も例に漏れず、パリーグ優勢で進んでいます。ここまでセリーグの13勝22敗1分となっており、順位を見ても、上位にいるのはカープと阪神のみ。東京ヤクルト、巨人にいたってはまだ勝ち星すらない状況です。

とりわけ2カード目はセリーグの本拠地で行われましたが、初戦はセリーグは中日のみ勝利、2戦目はカープと阪神のみ勝利と、ホームゲームであるにもかかわらず、パリーグがセリーグを圧倒しています。果たして、パリーグ本拠地での開催となる今節の6連戦では、どのような結果となるのでしょうか。このような状況だからこそ、カープはひたすら勝利を目指して突き進むことが重要です。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
13位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる