★6/11寸評★シーソーゲームも、中継ぎ誤算で連敗

★6/11寸評★シーソーゲームも、中継ぎ誤算で連敗

今年の東北楽天を見ていると、強打の打線が目に付きますが、初戦を落としても、粘り強く、残りの2つを奪っていることが多いのに気がつきます。今回も、カープが初戦に大勝しましたが、昨日は投手戦の末に、8回に決定的な1点を許し、そして今日もシーソーゲームの末に、8回に決定的な1点を許すという似たような展開で、磐石の守護神・松井裕投手の前に、9回を押さえ込まれて、連敗を喫してしまいました

今日の場合は、2-2の同点と言う場面でありながら、7回から勝利の方程式を送り出してきたカープ。これは前日、野村投手が8回途中まで投げ抜き、中継ぎを出来る限り温存できたことが、今日の試合にも生きてきたのでしょう。しかし、中崎投手は1死2塁から、茂木選手の打ち取ったファーストゴロが内野安打となってしまうと言うアンラッキーな面もありましたが、それでも1死満塁から岡島選手にレフトへ犠飛を打たれ、勝ち越し点を献上してしまいました。

打線はその直後の8回表に丸選手のタイムリーで同点に追いつきますが、その裏、ジャクソン投手が内野安打と四球でピンチを広げ、藤田選手にタイムリーを打たれてしまいました。相手には守護神・松井裕投手が控えているだけに、8回での勝ち越しは命取りになるところで、大きな1点を失ってしまいました。


勝利の方程式を繰り出しながら、中崎投手、ジャクソン投手ともに、1点ずつ相手に与えてしまい、昨日に続いて接戦を落としてしまったカープ。ただ、継投としては、やるべきことはやり、出せる選手を出しての敗戦。調子が良いときもあれば、悪いときもあるだけに、これはいたし方がないでしょう。

カープ先発・中村祐投手は初回に1点を許しますが、外角低目へのスライダーのコントロールが非常に良く、とりわけ右打者に対しては、それが効果的だったように思います。5回には不用意な先頭打者への四球から、満塁のピンチを招き、ペゲーロ選手には攻めることが出来ずに押し出し四球を出してしまいましたが、6回途中2失点は上々の結果だったと思います。

一方で打線も粘り強い攻撃を見せました。東北楽天先発・岸投手に対して、序盤から打席でファウルで粘ったり、際どいコースをしっかり見極めたりと、フルカウント勝負まで持ち込む場面も多々ありました。好投手の相手に対して、球数を投げさせて、中盤に攻略をうかがう…その姿勢が強く感じられました

連敗で、カード負け越しとはなりましたが、札幌、仙台という長距離遠征を4勝2敗で終えたことは、大きな収穫だったと思いますし、今日の試合もけして悪い流れではなかったのではないでしょうか。長い遠征、お疲れ様でした…そして火曜日からは今年初めてとなる、ホームでの6連戦。昨年は交流戦で一気に地元でラストスパートを決めただけに、今年も地の利を活かして、地元の大声援を背に受けて、もう一度、立て直して、突き進んでいきましょう


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
17位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる