★6/16寸評★序盤の失点重く…でも、カープ野球で明日こそ!

★6/16寸評★序盤の失点重く…でも、カープ野球で明日こそ!

カープ先発・ジョンソン投手。左のエースとして、そして復帰後としては初のマツダスタジアムでのマウンドとあって、期待は高まったのですが、立ち上がりに攻め込まれ、それが尾を引きずったようなピッチングとなりました

1回表、先頭の松田選手をヒットで出塁を許すと、続く今宮選手はバントの構え。しかし、バスターで強行に出た打球は二遊間を破るセンター前へのヒット。これで無死1・3塁とピンチが広がりました。これでまだ復帰2試合目のジョンソン投手は動揺したのか、続く柳田投手の打席で外寄りの球がワンバウンドする暴投。石原選手に止めてほしかったところでしたが、無情にも後ろにそらしてしまいました。これで1点を許すと、柳田選手には三遊間を破るヒットを打たれ、痛恨の2点目を許します

ジョンソン投手は復帰後初の登板となった1週間前もそうでしたが、ストレートの球威が今ひとつ。好調なときであれば、際どいコースはストライクになり、空振りも取れたりしていた球が、ボールになったり、ファウルになったりする中で、なかなか投げる球がなくなってしまうというピッチングでした。

とりわけ、今日のカープにとって一番痛かったのは3回表の川島選手の一発ではなかったでしょうか。先頭の柳田選手を四球で歩かせるも、何とか2死まで持ち込んでの対戦でした。2ボール1ストライクからの4球目。その球は力を込めて投げたストレートでしたが、真ん中寄り、打者にとっては打ち頃のところにいってしまいました。その球を見事に捕らえられ、レフトスタンド上段まで運ばれてしまいました。けして一発のある長距離砲ではなかったものの、甘く入れば弾き飛ばされる…それだけまだジョンソン投手は本来の球威がなく、決め手に欠く状況だったのでしょう


打線は9安打を放ちました。しかし、得点に至ったのは、丸選手が放った3本の、連続したソロホームランのみでした。丸選手だけは、バンデンハーク投手の球に逆らうことなく、むしろ相手のスピードボールを上手くバットに乗せて、レフトスタンドに大きな当たりを運んでいたように感じます。まるで合気道を見ているかのような打撃でした

結局、序盤にジョンソン投手が失った5点が重くのしかかる結果となりました。相手は福岡ソフトバンク…確かに強いのですが、ただ今回は地元・マツダスタジアムでの戦い。しかも、通算で数多くヒットを放ったのはカープでした。6回以降、相手打線を1安打に抑えたのです。

4番を欠いた相手打線は、けして最高のパフォーマンスではありません。そして、今のカープ野球をしっかり貫けば、けして怖くはありません。確かに今まで交流戦で苦しめられてきた相手ですが、それは過去のこと。相手を上回るようなカープらしい野球をやっていけば、必ず勝てる!さあ、基本に立ち帰って、また明日。交流戦の首位よりもチームの優勝…そのためには目の前の1勝をもぎ取っていくこと。そこに立ち返り、自分たちの野球を明日、あさってとホームで見せ付けましょう!


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
13位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる