カープ、今節の展望

◎カープ、今節の展望

前節は交流戦の終盤戦。カープは今シーズン初めてホームゲームでの6連戦を戦いました。オリックスのその3連戦では初戦に先発した薮田投手が相手のエース・金子千尋投手との息詰まる投手戦を制し、1ー0で勝利すると、2戦目は延長戦の末、鈴木選手のサヨナラホームランで勝利し、一気に流れを掴んだカープが3タテに成功しました。

交流戦初優勝を目指して臨んだ福岡ソフトバンク戦では、初戦をジョンソン投手で落とし、2戦目は何とか巻き返ししたものの、優勝決定試合となった3戦目は初回から守備の乱れや不用意な四球などでリズムをつかむことが出来ず、悔しい敗戦となりました。

しかしながら、結果的には前節は4勝2敗と勝ち越したカープ。ホームでの6連戦ということもあり、この成績は最低限確保しておきたいラインはクリアできたと言えるのではないでしょうか。しかも交流戦全体で見れば12勝6敗、節ごとに見ても、すべてで4勝2敗というペースを保てました。これを今シーズン中盤戦以降の戦いにつなげてほしいところです


さて今節は交流戦の予備日の兼ね合いもあり、19日月曜日から4日間お休みです。そして金曜日から眼下の敵である阪神との3連戦。前回の3連戦は適地・甲子園で9点リードを守ることが出来ず、大逆転負けを喫するなど3タテを食らってしまったカープ。今回は何としても地元でその借りを返さなければなりません

カープの先発を予想してみると…というか、予想ではなく、スポーツ紙の情報ではまず初戦は結婚してから絶好調の薮田投手で先陣を切り、そして続いてジョンソン投手、大瀬良投手の順番になるようです。2戦目にジョンソン投手を入れているのは、右・左・右の並びにすることもあるでしょうが、先陣を切れるほどジョンソン投手が本調子でないということなのでしょう。。

ジョンソン投手を含め、カープは不安材料もあります

まずは先ほどのエース・ジョンソン投手。復帰後初勝利を飾ったものの、前回登板の福岡ソフトバンク戦では5回5失点。ストレートの勢い、精密なコントロール…ともに影を潜めている状況です。何度も対戦経験があるが相手に果たして今の状況でどこまで通用するのかという不安もありますが、次の試合までにどこまで調子を取り戻すのかが注目されます。

また、セットアッパーからの配置転換も示唆されているジャクソン投手も不安要素の一人。しっかりとスイングしてくるパリーグの打者が相手となると、どうしても外角一辺倒な配球となり、踏み込まれてスイングされてしまうというシーンが目立ちました。また登板試合数がかさんで疲れもあるのでしょう。開幕からのアウトローにズバッと決まるストレートやスライダーの微妙なコントロールも影を潜めています。レギュラーシーズン再開とともに少しでも調子を取り戻してほしいところです。

いずれにしても週末の阪神との3連戦は首位攻防戦となります。前回は敵地で悔しい思いをしているだけに、ホームでの3連戦でリベンジを!最低でもカード勝ち越しを、そのためには初戦を奪って波に乗りたいところです。レギュラーシーズン再開までの休みを利用して、しっかり体調を整え、万全の状態で阪神戦に臨みましょう


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
17位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる