☆7/2寸評☆一発攻勢で大逆転!中日を3タテ!!

☆7/2寸評☆一発攻勢で大逆転!中日を3タテ!!

中盤までは、とても勝てるような展開ではありませんでした。1回表には、先発・大瀬良投手へのピッチャーへの強烈な当たりを捕球しても、1塁へ暴投してしまい、そこからピンチを作り、リズムがつかめず、コントロールもばらつき、あっという間に3点を奪われました。4回に丸選手の一発が飛び出しても、その直後の5回表にまた1失点。差を詰めても、すぐに失点してしまうという展開…勝利が遠のく典型的なパターンにはまっていました。

このような劣勢の展開を、カープに流れを引き寄せた2人の選手…それは九里投手と磯村選手ではなかったでしょうか

九里投手は6回からマウンドに上がりました。キャッチャーがミットを構えた場所にしっかりとコントロールされ、ストレートも球威十分。上位打線から始まる場面でしたが、6回表を三者凡退に抑えると、7回表はゲレーロ選手から見逃し三振を奪い、続く谷選手も見逃し三振と、ボールがキレまくっていました。この2回無失点のピッチングは、今日の試合の流れを考えるに当たって、非常に大きかったと思います

そしてもう1人は磯村選手。「第3の捕手」という立場上、めったにチャンスが巡ってこない中、今日はリードを奪われ、先発も5回途中でマウンドを降りたこともあって、途中からマスクをかぶっていました。九里投手とのバッテリーも素晴らしかったのですが、何と言っても7回裏、2死1塁の場面で今季3度目の打席に立ち、それまでカープ打線がてこずり気味だった中日先発・柳投手の変化球を見事に捕らえ、打球はレフトスタンドの下段に飛び込む2ランホームラン!これが磯村選手にとってプロ7年目で初のホームランとなり、これでチームは一気に盛り上がりました

そしてクライマックスは8回裏。3-4と、1点ビハインドで迎えたこの回、先頭の田中選手が四球を選び、1死後、丸選手が粘り、最後はバットの上にボールを乗せるようにしてライト前に運ぶヒットで1・3塁のチャンス。ここで打席には鈴木選手。ここまでの3打席もノーヒット、前日も打てず…非常に悔しい思いがあったのでしょう。何とかしたいという強い思いで打席に立ち、真ん中低めの球を振り抜き、打球はライナーで、先ほど磯村選手が放った一発と同じような位置に飛び込む大逆転の3ラン!悔しさを一気に晴らし、チームに勝利を呼び込む一発となりました


これでカープは中日に3連勝!前回はナゴヤドームで3タテを食らっていただけに、名古屋の借りを広島で見事に晴らしてくれました。しかも、中盤まで劣勢の展開を一気にひっくり返しての今日の勝利はお見事というしかありません。とにかく目の前の試合に勝利していけば、結果はおのずとついてきます。前を向いて進んでいくのみ!この調子で突き進んでいきましょう。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

No title

個人的には松山選手の好返球も流れを変えたプレーと見ております( ゚д゚)ノ
フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
12位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる