★7/4寸評★ツキがなかったかな…

★7/4寸評★ツキがなかったかな…

何だかチグハグで、何をやっても上手くいかない…そんな日はあるもので、今日のカープはまさにその典型だったのではないでしょうか。目下4連敗中の巨人に対して、カープは3連勝中、ましてや対巨人戦は7連勝中と、すべての面でカープ優位の状態で始まりましたが、今日の試合に関しては巨人先発・田口投手のピッチングや好守もありましたが、ツキもなかった上に、守りで無駄な失点を許してしまい、負の連鎖が重なってしまいました。


今日のカギはやはり初回ではなかったでしょうか。1回裏、先頭の田中選手が右中間を破る2塁打で出塁すると、菊池選手がしっかり送って無死3塁。田口投手に対して、今季、非常に相性の良い田中選手が出塁し、まったく打てていない菊池選手がバントで送る…カープにとっては最高の形でチャンスを作りました。

ここで丸選手、鈴木選手。今季、田口投手を比較的打っている相手だけに、カープにとっては是が非でも1点をもぎ取っておきたい場面でした。しかし、丸選手は外角の変化球に空振り三振、そして鈴木選手の打球はピッチャー強襲のライナーでしたが、反応良くキャッチされて、得点には至りませんでした。この回、1点を奪えなかったことで、主導権を握ることが出来ず、ずるずると相手に押さえ込まれたように感じます

一方でカープ先発・野村投手は内外角に上手く投げ分ける技巧的なピッチングで、3回から5回まではパーフェクトピッチング。5回まで無失点に抑えました。

しかし6回に、1死から重信選手にヒットを許し、盗塁を決められ、続く坂本選手に左中間へのヒットで1点を許してしまいました。2死まで奪い、続く村田選手の打球はレフトへのフライ…かと思われました。しかし、レフトを守るバティスタ選手はボールを見失ってしまい、立ち位置よりも後ろに落ち、2塁打にすり替えてしまいました。守備に不安を抱えるバティスタ選手…そのリスクも込みでの起用ではありますが、チームとしてはあまりに痛い1点となりました

カープは6回にも先頭の天谷選手、田中選手の連打でチャンスを作り、その後2死1・2塁として、打席には丸選手。3球目の打球は見事にとらえました。ピッチャーを強襲する当たりでしたが、ライナーで田口投手がキャッチ。飛び出した1塁走者・菊池選手が刺されてダブルプレーに…。良い当たりで、センターへ抜けてもおかしくない打球でしたが、またも相手の田口投手に上手く守られてしまいました


2度も強烈なピッチャーライナーでチャンスを潰し、まずい守備で余計な1点を奪われてしまうという展開。どうもツキがないまま、今日の試合は相手の完封リレーの前に、得点を奪うことは出来ませんでした。ただ、長いシーズンでは何をやっても上手くいかない試合はあります。カードの初戦を奪われたことは痛く、巨人は捨て身でどんどん好投手をこのカードに送り込んできます。相手の思惑に乗らないためにも、明日、取り返すしかありません


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
13位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる