★7/5寸評★あえなく連敗…しかも2試合連続完封負け

★7/5寸評★あえなく連敗…しかも2試合連続完封負け

打線と言うのは調子がいいとき、悪いときと言うのが、長いシーズンでは必ずあるものですが、梅雨真っ盛りの今、カープ打線もホームという地の利がありながら、前夜に引き続いて、今夜もスコアボードはゼロ行進。18イニング連続無得点となり、2試合連続の完封負けとなりました。

前夜の田口投手の気迫あふれる投球は、敵ながら天晴れでした。そして今日は菅野投手が中4日で、コントロールは若干乱れていたようですが、変化球は切れており、カープ打線はなかなか捕らえることが出来ませんでした。ともにセリーグの防御率上位争いをしている投手を相手にしては、いくらカープ打線を持ってしても、なかなか得点を奪うことは出来ません。


カープにとって唯一のチャンスは5回裏でした。先頭の松山選手がヒットで出塁すると、1死後、安部選手もライト前へ詰まりながらも運ぶヒットで1・2塁のチャンス。しかし、ここで会沢選手は外寄りの球を引っ掛けて、相手の思惑通りとなるセカンドゴロゲッツーとなりました。

一方でカープ先発・岡田投手は毎回ランナーを出す苦しいピッチングとなりましたが、要所でズバッとストライクがコーナーに決まったり、相手の拙攻にも助けられ、2回の中井選手のセカンドゴロゲッツーの間に1点に抑えました。6回は1死満塁のピンチを抱えながらも、亀井選手をサードゴロゲッツーで無失点に。6回を投げて1失点と、粘りのピッチングを見せてくれました

0-1という展開であれば、まだ試合は分からなかったでしょう。エルドレッド選手や新井選手、バティスタ選手といった長距離砲で一発同点に…という思惑もあったかもしれません。しかし、7回表に2番手・中田投手が2死まで奪いながら、そこから連打を許し、坂本選手に痛恨の2点タイムリー。外角狙いが甘く真ん中に入ってしまったところを捕らえられてしまいました。この7回の2点で、カープの「逆転」へのプランがすべて泡となってしまったといって良いでしょう


打線は18イニング連続で得点できず…。やはり相手に好投されると、そう簡単に得点を奪うのは難しいものです。それはホームであっても同じこと。ここで、あまり「得点したい」とはやらずに、あくまでも「つなぎの野球」というカープ野球を、冷静に落ち着いて貫くことが出来るかが重要です。ホームで3タテを喫することだけは絶対に避けたいところ。しかも明日はエース・ジョンソン投手が登板するだけに、打線はカープ野球を今一度思い出し、粘っこく、戦ってほしいと思います


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
12位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる