前半戦を終えて~投手編~

◎前半戦を終えて~投手編~

今シーズンも前半戦を終え、オールスター明けの17日からはいよいよ後半戦が始まります。そこで、前回に引き続き、前半戦を振り返ってみようという、このオールスター休みならではの企画。今回はその後編ということで、投手陣の前半戦を振り返ってみたいと思います


前半戦の投手陣は、ややもすると火の車になりかねない状況でした。ジョンソン投手が開幕戦で投げてから、咽頭炎を発症したことで、発熱が長引いたこともあって、約2ヶ月に及ぶ長期離脱となりました。そして中崎投手は腰痛を発症。なんと、エースと守護神が同時に戦線を離脱するという事態になりました。さらに、野村投手もわずかの期間でしたが、腰の違和感で離脱。その期間は、昨シーズン、合計で31勝を挙げた左右の両輪がともに不在になるという緊急事態となったのです。

開幕前の青写真では、黒田博樹さんの引退もあって、先発投手陣の頭数が足りなくなる懸念がありました。その上、開幕直後のジョンソン投手が離脱するとなると、ますます厳しい状況に追い込まれる…連覇、そして日本一という大目標を実現することが難しくなるのではないかという危機感もありました。

しかし、この窮地を救ったのが若手の成長でした

岡田投手は開幕から試合をしっかり作る安定感で、一時はセリーグのハーラーダービートップに並ぶ勝ち星を挙げました。そして、交流戦開幕とともに、中継ぎから先発に転向した薮田投手は、テイクバックの小さなフォームから繰り出す最速156キロの速球で、どんどん勝ち星を挙げ、今やチームの勝ち頭となる8勝を挙げています。この若手2人で、前半戦だけで15勝を挙げるとともに、9つの貯金を生み出したことで、彼らは前半戦で首位を固めることができた立役者ともいえるでしょう

さらに今年、先発に再転向した大瀬良投手は、シーズン序盤こそ、なかなか勝ち星が伴いませんでしたが、徐々に先発としての感覚を取り戻してくると、現在は5勝をマーク。負けがないのも、チームにとっては大きなところです。そして、現在は中継ぎに回っていますが、先発としてもまずまずの投球を見せた九里投手は、自信最多の5勝を挙げました。また、中村祐投手はプロ初登板初先発を勝利で飾り、そこから3連勝。現在は2軍調整中ですが、中村祐投手が3勝を挙げて、先発投手陣の窮地を救いました。


一方で中継ぎ陣は中崎投手の離脱中こそ、なかなかリードを守りきれない試合も目立ちました。特に先発が5~6回でマウンドを降りてしまうと、そこからジャクソン投手、今村投手につなぐまでの6~7回で、試合をひっくり返されることもたびたび…。このあたりが昨年とは大きく異なる不安要素となりました。

しかし、今季は中田投手が調子を取り戻し、一岡投手も開幕こそ出遅れましたが、現在は1軍でまずまずのピッチングを見せています。そして、中崎投手が比較的早期に復帰することが出来、そこから勝利の方程式の顔ぶれが揃い、試合終盤の戦い方にも安定感が出てきました


投手陣に関しても、後半戦に向けて、まだ不安要素はあります

先発に関しては、岡田投手、薮田投手といった、シーズンを通して投げぬいたことがない投手が、後半戦に向けて、暑い夏場を乗り切れるかということでしょう。前半戦の立役者だけに、後半戦において貴重な戦力となってくることは間違いありません。

ただ、私としては後半戦こそ、ジョンソン投手、野村投手の実績ある2人が、どこまで遅れを取り戻せるか…ここが非常に大きなカギを握ると思っています。昨年は2人で31勝をあげましたが、今季はここまで9勝。前半戦は若手がしっかり奮闘しただけに、後半戦は実績ある2人が、若手をカバーできるようなピッチングを見せてほしいところです。特にジョンソン投手は前半戦の最終戦で8回1失点の素晴らしいピッチングを見せてくれただけに、後半戦への巻き返しの期待が高まります。

中継ぎに関しては、ジャクソン投手の復調がポイントとなるでしょう。交流戦当たりから外角一辺倒で、自慢のスライダーも微妙に外れる場面が目立ち、相手打者に踏み込まれては打たれる…そんなシーンが目立ちました。レギュラーシーズン再開後もその傾向がありましたが、ここへきて徐々に調子を取り戻してきたように感じます。内角にも勢いある球を投げられるようになれば、セットアッパーに戻すことも視野に入ってくるのではないでしょうか。


昨年と比較すれば、野手に関してはその攻撃力がさらにアップしたように感じる一方で、投手力に関しては、調子の波が激しく、流動的な面も増えたように思います。守り勝つ野球を貫くためには、投手は大きなキーパーソン。前半戦は若手が引っ張ってきただけに、後半の勝負どころこそ、実績ある投手の更なる奮起が、連覇への決め手になると思います


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
13位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる