セリーグ順位表(7/23終了時点)

◎セリーグ順位表(7/23終了時点)

1位:広島 89試合56勝31敗2分 勝率.644 勝差 -
2位:阪神 85試合46勝39敗0分 勝率.541 勝差 9.0
3位:横浜DeNA 88試合45勝40敗3分 勝率.529 勝差 1.0
4位:巨人 88試合41勝46敗1分 勝率.471 勝差 5.0
5位:中日 90試合39勝48敗3分 勝率.448 勝差 2.0
6位:東京ヤクルト 88試合29勝57敗2分 勝率.337 勝差 9.5

首位を独走しているカープは、甲子園球場で2位・阪神との直接対決に勝ち越したこともあり、1週間の間にゲーム差が広がり9となりました。客観的に見れば、9ゲーム差というのはセーフティーリードかもしれません。マスコミの記事を見ても、優勝は決定的で、あとはCS争いはどこが制するのかという視点に変わりつつあります。

しかしカープは今シーズン、まだ50試合以上を残しています。特に明日からは6連戦が7週連続で行われるハードスケジュールが控えています。しかも、左のエース・ジョンソン投手が再び長期離脱することに。6連戦が続くだけに、先発投手陣の起用も難しくなってくるでしょう。

現在、2位・阪神に9ゲーム差をつけていますが、今シーズンは阪神と相対するときに、この9という数字が不気味に感じます。9点差を逆転された試合もありましたし、先週は9点リードを8、9回で4点差まで詰め寄られた試合もありました。悪夢は勝利によって払拭されましたが、長いシーズンは何が起こるか分かりません。油断することなく、より目の前の試合で勝利にこだわり、アクシデントがあっても、しっかりカバーできる体制を整えて、明日から始まる夏場のハードスケジュールを乗り切ってほしいと思います

2位以下を見ると、東京ヤクルトは連敗を14で止めましたが、5位の姿が見えなくなるほど最下位独走となっています。また上位3チームと下位3チームは貯金があるかないかできれいに分かれています。今シーズンのCS進出条件は貯金があるかどうかということになりそうです。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
17位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる