☆7/25寸評☆投手戦制し3連勝!最後はセカンドの差で勝利

☆7/25寸評☆投手戦制し3連勝!最後はセカンドの差で勝利

今日からいよいよ暑い夏場にハードな7週連続6連戦というスケジュールに突入します。そして、左のエース・ジョンソン投手が再び離脱となった今、右のエース・野村投手に、しかも敵地でのカード初戦に勝利を灯すことが出来るか。6連戦の出だしを好スタートを切ることが出来るか…これからのシーズンの行く末を決める重要な初戦は息詰まる投手戦となりました


カープ先発・野村投手、巨人先発・マイコラス投手とも、初回に1死1・3塁という場面を迎えます。カープはこのチャンスに鈴木選手がゲッツーで、立ち上がりを攻めることが出来ず、一方で野村投手は阿部選手を三振に打ち取り、セカンドへスタートを切ったランナーを会沢選手が見事に刺し、何とか立ち上がりをゼロで切り抜けました。

その後の野村投手はリズムをつかんだかのように、ストレートには伸びがあり、何と言っても自慢のコントロールがない外角に見事に決まっていました。ストライク先攻の積極的な攻めのピッチングで、3回以降、マウンドを降りる76回までノーヒットピッチングと言う素晴らしい投球を展開します


一方でカープ打線はマイコラス投手の前に、初回にチャンスを逸してからは、なかなかランナーを出すこともままならない状況でした。こちらも3回に田中選手がヒットを放ちますが、4回以降はヒットすら打つことが出来ず、7回までゼロで押さえ込まれます。

しかし、試合も終盤となった8回表。ついにカープが攻撃に出ます。先頭の安部選手がセンターへヒットを放つと、会沢選手がきっちり送って1死2塁。ここで野村投手の代打・西川選手。その当たりは一二塁間を破ろうかというものでしたが、セカンド・マギー選手が追いつきかけます。しかし、ボールをはじき、その間に安部選手が快足を飛ばしてホームイン!ついに均衡が破れました。一瞬の隙を逃さず、迷わず本塁を陥れることに成功しました。

続く、田中選手が一二塁間を破るヒットで出塁し、1・2塁とチャンスを広げると、さらに菊池選手がセンター前にきれいにはじき返し、西川選手も生還。貴重な追加点も奪いました。この回、2点を奪っただけでなく、先発・野村投手にも勝利投手の権利がともったのです。

その後は中崎投手が先頭の陽選手に粘られながらも3人で抑え、守護神・今村投手は無死1・2塁のピンチを招きながらも、マギー選手をゲッツーに、坂本選手にタイムリーを打たれるも、続く阿部選手の当たりをセカンドゴロに抑え、何とか逃げ切りに成功しました。


右のエース・野村投手に際どいところで勝利が点灯した…これはチームにとっても非常に大きな勝利だったと思います。それとともに、8回のマギー選手の守備と、9回2死の菊池選手の守備。一二塁間を抜けそうな当たりをアウトに出来たかどうか…この守備力の差こそが、勝利の差を生んだように思います。これぞカープの「守りの野球」の真髄ともいえる試合だったのではないでしょうか。これを続けていけば、その先に再び輝かしい光は見えてくるはず!明日もこの調子でいきましょう。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
16位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる