★7/29寸評★薮田投手、3被弾…これが2ケタの壁か

★7/29寸評★薮田投手、3被弾…これが2ケタの壁か

先発投手にとって2ケタ勝利と言うのは、1つの目標とされていますが、その壁に初めて挑む権利を得た場合、それをすぐにはじき返すか、それともなかなか壁を乗り越えられずに足踏みしてしまうか…2ケタ勝利と言うのは、それだけ大きな壁のようです。ここまで9勝1敗、先発転向後は6連勝という薮田投手の勢いを持ってしても、まずはその壁に跳ね返されました

カープ先発・薮田投手は初回、2死を簡単に奪いますが、バレンティン選手に甘く入ったスライダーをレフトスタンドの防球ネットまで飛ばされるそのホームランで先制を許します。5回には2死3塁で、8番・奥村選手に対し、次の打者が投手であり、敬遠も十分に考えられる場面だったにもかかわらず、勝負に行き、センターへはじき返され、1点を許しました。

さらに6回には、1死から山崎選手にストレートの四球。どこか次のバレンティン選手を意識してしまったのでしょう。続くバレンティン選手はセカンドゴロに抑えますが、この打球を菊池選手が後逸してしまい、続く山田選手に初球の変化球をバックスクリーン左まで運ばれてしまうという最悪の展開となりました。その後も大松選手に一発を浴び、6回6失点という結果に終わりました。

今日の薮田投手はコントロールに苦しんでいたように感じます。5回、2死3塁で奥村選手を敬遠せず、勝負にいったのは、次の打者・小川投手の第1打席でファウルで粘られ、フルカウント勝負になったこと…これがどこか意識の中であったのではないでしょうか。敬遠でランナーを出して、万が一投手に打たれてしまったらという思いがあったのかもしれません。コントロールに不安を残し、その中でいつもの攻めの姿勢を発揮することが出来ませんでした


今のカープ先発陣にはジョンソン投手がいません。その中で薮田投手や岡田投手にかかる期待は大きくなるのですが、ただ彼らには実績がありません。2ケタ勝利に挑むのはプロで初めてのことになります。そこに何度も跳ね返されているようでは、連覇への大きな障壁となりかねません。いつも勝てるわけでなく、当然負けることもあります。そこをどう気持ちを切り替えて、次の登板に活かしていくかということでしょう。早く2ケタの壁を、今の主力投手たちに打ち破ってもらいたい…それもまたチーム一丸で、カープの「守り勝つ」野球をしていくことで、実現してくれることでしょう


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
13位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる