★8/10寸評★九里投手、4点リード守れず…ナゴヤで勝てずのサヨナラ負け

★8/10寸評★九里投手、4点リード守れず…ナゴヤで勝てずのサヨナラ負け

ナゴヤドームという球場はなんとも不思議なもので、勝てないときは本当にどうあがいても勝てないような状況に陥るわけで。今日の試合も序盤に、「カープキラー」だった八木投手を相手に、初回には足を絡めてチャンスを作り、エルドレッド選手、新井選手のタイムリーで2点を先制、1点を返されても、2回にはまた足を絡めてチャンスを作り、鈴木選手の3ラン。これ以上ない、最高の形で5点を奪い、リードを4点に広げました。

しかし、今日のカープ先発・九里投手はどうも球が甘く入りました。4点のリードをもらえば、もっと堂々と攻める九里投手らしいピッチングを見せても良かったはずでしたが、藤井選手、堂上選手の連打の後、松井雅選手に四球を与え、無死満塁という逃げ場のない大ピンチを迎え、代打・遠藤選手にライト前に運ばれて1点。さらに京田選手のセカンドゴロの間にさらに1点…3回にも1点を献上し、味方の援護もすぐに吐き出してしまうようなピッチングに終始してしまいました

結果的に、9回裏に今村投手が大島選手にサヨナラタイムリーを浴びて、カープはナゴヤドームで、今回も引き分けに持ち込んだ試合が1試合あったものの、今日は大きなリードを奪い、優勢に立ちながらも、結局勝つことが出来ないまま。ナゴヤドームでは引き分けをはさんで5連敗となってしまいました


今年のカープは昨年に比べると、先発投手陣に若手が多く、ジョンソン投手が離脱していることもあり、もろさも大きいという印象を持っています。昨年はホーム、ビジター問わず強かった中日戦ですが、ナゴヤドームで勝つことが出来ないのは、そこにカープのもろさがあるからなのでしょう

後半戦に入り、初めてカード負け越しとなりました。それは辛うじて3タテは免れたものの、2敗1分。前回の3連敗に比べると、幾分マシだったかもしれませんが、それでも勝てなかったのは同じこと。その課題をどう克服していくか…それはこれからの大きな宿題となりました。そして痛手を負いましたが、明日からはマツダスタジアムに戻ります。

移動日なしで、名古屋から広島へ…いくらホームに戻ると言っても、過酷なスケジュールには変わりありませんが、ホームに戻るというのは、幾分気持ちも軽くなるでしょう。しかし、マツダで待ち受けるのは、巨人の田口投手、菅野投手と今季やられている投手ばかり。ホームの力を借りて、それを撃破してほしい!


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
12位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる