FC2ブログ

この数字に着目(6)

◎この数字に着目(6)

今季の選手にまつわるある1つの数字に注目して、今季を振り返ってみようという新連載企画「この数字に着目」の第6弾。今回は岸本秀樹投手に関するこんな数字です。


昨季のシーズン序盤こそ、持ち味の球威が走らなかった岸本投手。調子が上がらないにもかからず、シーズン序盤に1軍昇格を果たしました。「またいつもの見切り発車か…」と起用に感じられましたが、実際に1軍に上がってくると、まずはロングリリーフで結果を残し、さらにその後は中継ぎの重要な局面での登板も目立つようになりました。

やはり岸本投手の持ち味はストレートの球威にあります。150キロに迫るストレートもそうですが、それを活かすための変化球が低めに決まるとき、岸本投手の投球はまさに無敵の強さを発揮しますが、その日によって調子の波が激しいこともあり、安定感という点ではまだ懸念される部分が多いのも確かでしょう。本来ならセットアッパーや守護神を任されてもおかしくないほどではあるのですが、やはりその懸念材料が頭をもたげているといった印象です。


そんな岸本投手の着目したい数字…その前に、まずは昨季の投手成績から振り返ってみましょう。

42試合 3勝2敗0S 45.1イニング 被安打38 23四死球 防御率4.17

自己最多の3勝をマークし、中継ぎ投手としてまずまずの働きを見せた昨季。その中で今回注目すべきは、マツダスタジアムとそうでない球場との登板成績です。


マツダスタジアム:
20試合 3勝0敗0S 23イニング 被安打18 11四死球 防御率1.96
マツダスタジアム以外:
22試合 0勝2敗0S 22.1イニング 被安打20 12四死球 防御率6.45


まさに「内弁慶」と呼ぶにふさわしい数字になっています。昨季挙げた3勝はすべてマツダスタジアムであるのに対して、喫した2敗はいずれもマツダスタジアム以外の球場となっています。防御率を見ても、4点以上の開きがあり、とりわけ東京ドームでは15.19、神宮では12.00と荒れています。

ただ、防御率だけを見れば、これだけの違いがあるのですが、登板試合数には2試合しか違いがなく、イニング数もわずか2つのアウトしか変わりません。被安打も四死球も大きく変わるわけではないのですが、やはりこの数字を見る限りではこの微妙な差が、防御率に大きな違いを生み出しているのかもしれません。マツダスタジアムの慣れたマウンドではなく、ビジターで様々なマウンドに上がる…これが岸本投手の投球を微妙に変えているのでしょうか。

昨季42試合に登板した岸本投手ですが、今季はけして1軍すらも約束された状況にありません。ミコライオ投手の加入もあり、さらには梅津投手や永川勝投手も復調の兆しを見せています。さらには昨季は青木投手1人だった中継ぎ左腕のコマが増える可能性もあります。そうなると岸本投手は当然当落線上に追いやられてしまいます。

良いときの岸本投手の投球は確かに魅力的です。もちろん、課題のコントロールの精度がもう少し高まれば…ということもありますが、マツダスタジアムでの好投がそれ以外の他の球場でもつながるようになれば、もっと安定した投球を見せることが出来るのかもしれません。ビジターでの登板でどんな結果を残すか…そこに岸本投手が1軍に定着するカギがあるのではないでしょうか


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
今年も岸本投手が中継ぎでフル回転してくれることを期待して、
↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

No title

なぜこれだけ防御率の違いが??
ビジターでは長打が多い、盗塁を許している、ランナーを残して降板しているなどが考えられますが…
フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる