☆KUNI’s EYE(3/30・vsD)☆今年も「逆転のコイ」!足技&一発で一気に逆転

☆KUNI’s EYE(3/30・vsD)☆今年も「逆転のコイ」!足技&一発で一気に逆転

一昨年、昨年とセリーグを連覇したカープですが、その勝ち方の特徴は、最後の最後まで諦めない姿勢。それが何度となく「逆転」へとつなげていきました。そしてマツダスタジアムで迎えた開幕戦は、昨年までと何ら変わることない「逆転のコイ」をいきなり見せ付けてくれました


カープの先発は野村投手。初の開幕投手となりました。2回に四球連発などで1点を失ったものの、5回まで被安打1、1失点に抑えました。しかし、6回に大島選手に2塁打を浴びたことをきっかけに、3連打で1点を失い、ビシエド選手のショートゴロゲッツーの間にさらに1点を失い、あえなく逆転を許しました。ただ、傷口を大きく広げることなく、この回を最低限の2失点で抑えたことが、この後の逆転につながります。

6回裏。先頭のエルドレッド選手が外寄りの球を逆らわずにスイングした当たりはライトスタンドへ!逆転された直後に一発で同点に追いついたことで、相手にいきかけた流れを一気にカープ側に引き寄せました。球場の雰囲気も一変し、全体がカープのパワーに包まれました。

続く安部選手がヒットで続くと、会沢選手がきっちりと送って、1死2塁。続く代打・メヒア選手は初球をレフト前にはじき返します。2塁走者の安部選手は一気に本塁を突こうとしますが、急きょUターンして3塁へ戻ります。その間の相手の守備を見て、迷わずメヒア選手がセカンドを陥れました。続く田中選手がレフト頭上を超える2塁打を放ちましたが、メヒア選手の好走塁が活き、一気に2点を奪いました。この好走塁がなければ、1点で終わっていたところを、一気に2点奪う…これぞカープの野球です。


逆転された直後に、一発と足技、積極性を活かして、一気に逆転を決めてくれました。そしてやはり、その直後の7回表を3人でピシャリと抑えた今村投手。逆転した直後だからこそ、今村投手の好投はこの試合の中で、相手に流れを絶対に渡さない大きな役割を果たしたように思います。

またオープン戦では不調だった安部選手が、2打席目までチャンスを潰してしまいましたが、3打席目で詰まりながらもライトへヒットを放ち、4打席目は右中間を破る3塁打。一気にエンジンをかけてくれました。同じくオープン戦では不調のどん底だったジャクソン投手も、ピッチャーゴロを悪送球する場面もありましたが、それでも無失点で切り抜けました。それぞれに、今シーズンのスタートは上々でした。

開幕戦は4年ぶりの勝利となったカープ。しかも地元での勝利は2002年以来となります。あくまでも143分の1であり、開幕戦に勝ったからといって、けして良いシーズンになるわけではないのですが、良いスタートを切るに越したことはありません。地元の大声援を背に受けて、優勝&日本一への機運が否応なく高まる中で、地元でスタートダッシュを決めてほしいと思います。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
9位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる