FC2ブログ

☆KUNI’s EYE(4/1・vsD)☆大瀬良投手を皆でカバー

☆KUNI’s EYE(4/1・vsD)☆大瀬良投手を皆でカバー

カープは2回に下水流選手の先制アーチに始まり、逆転された直後には丸選手の技ありの豪快な一発、さらに5回には田中選手のタイムリー2塁打、7回には菊池選手の今季初安打となるタイムリーの後に、エルドレッド選手の勝利を決定付けるダメ押しの3ラン。3発の打ち上げ花火を含む8点を奪い、2005年以来13年ぶりの開幕3連勝を飾りました。


そんな今日の先発は大瀬良投手でした。オープン戦の内容を見ている限りでは不安が残るもので、投げてみないと分からない…そんな感じでした。しかし、今日の大瀬良投手はストレートは球威抜群で、要所要所に投げ込むスライダーやフォークも切れ味が良く、初回から大島選手を外角の変化球で三振を奪うと、京田選手には外角低めにズバッとストレートで見逃し三振、アルモンテ選手もフォークでハーフスイングを奪い、三者三振という素晴らしい立ち上がり。相手が思わず手を出してしまうほどに切れ味が鋭かったのでしょう。

4回にビシエド選手に甘く入ったスライダーをレフトスタンドに運ばれ、さらに平田選手には真ん中に入ったストレートをスタンドまで運ばれてしまいましたが、5回まで2失点に抑える好投を見せました。6回に両足がつったことで、急きょマウンドを降りることになってしまいましたが、次回の登板に期待が高まる内容となりました。

ところで、今日は大瀬良投手をチーム一丸でカバーしたような試合でした。4回に逆転を許した直後に、丸選手が華麗なレフトスタンドへの一発で、すぐさま同点にすると、5回には1死1・3塁の場面で大瀬良投手がバントを打ち上げてしまい、キャッチャーフライに…。しかし、続く田中選手が、大瀬良投手のバントミスを帳消しにするかのように、レフト頭上を越える2塁打で、2人の走者を本塁へ迎え入れました。

6回表、1死を奪ったところで、両足がつるというアクシデントで降板したことで、緊急登板となった中田投手。こういった厳しい局面でも、ビシエド選手にアンラッキーなバウンドとなる内野安打でランナーを許しましたが、その後の2人の打者をピシャリと押さえ、この窮地を脱しました。急なマウンドでもしっかりと対応し、大瀬良投手を見事にカバーしてくれました。


両足がつるというアクシデントがあったものの、それまでのピッチングは見事でした。気になる両足については大事には至らなかったようで、ひとまず安心といったところ。やはり今季初登板、チームは開幕から2連勝ということで、身体にいつも以上に力が入ったのかもしれません。しかし、チームメイトのカバーもあり、今季初勝利がつきました。まずは順調なスタートが切れただけに、昨年の10勝を超える勝利数を実現するきっかけにしてほしいと思います


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
12位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる