☆KUNI’s EYE(4/3・vsS)☆不思議な勝ちだけど、得たものは大きい

☆KUNI’s EYE(4/3・vsS)☆不思議な勝ちだけど、得たものは大きい

良く勝負事に言われますが、「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」いう明言があります。現在の長崎・平戸の藩主だった人物が口にした言葉だそうです。開幕から3連勝を飾ったカープですが、4連勝目となった今日の勝利は、けして磐石な勝ち方ではなかったものの、それでも勝てたというのはチームの勢いなのでしょう。


カープ先発・薮田投手はオープン戦、ウエスタンリーグでの超戦登板と結果を残せないままで、不安を抱えたまま、今日のマウンドとなりました。「今日がダメなら、先発から外される」…そんな危機感も当然あったと思います。

そんな中、初回に西川選手の高々と上がった平凡な内野フライを落球するという守備のミスで1点を失いましたが、2回は三者凡退。しかし、3回は先頭の山田哲選手の四球を与え、1死からバレンティン選手に外角低めの球を力でバックスクリーン右に持っていかれ、逆転を許しました。

薮田投手はオープン戦からとにかく四球の数が多い…その課題を引きずりました。3回に2つ、4回に1つ、5回に3つと、とにかくコントロールが定まらない…2ストライクと追い込むのですが、そこから最後のウィニングショットが決まらず、結局四球を与えてしまうという苦しいピッチングでした。それでも5回3失点と、先発として最低限の試合を作り、今季1勝目をつかみました。やはり投手にとっては「勝利」というのは、何よりも良薬となります。この1勝をきっかけに、調子を上向かせてほしいものです。


先発投手は5回で7四死球。初回の先制点も、エラーや一発などで逆転を許すという嫌な流れ。しかし、そんな嫌な流れはカープだけでなく、どうやら神宮球場全体を包み込んでいたようです。

6回表。先頭の丸選手が四球を選ぶと、1死後に安部選手も四球。そしてこの日、痛恨の落球で相手に1点を与えてしまった西川選手の当たりはファースト・坂口選手へのゴロ。しかし、ベースカバーとのタイミングが合わず、暴投となります。その間に、丸選手が生還するだけでなく、1塁走者・安部選手も一気に本塁へ生還しました!盗塁だけでなく、1つ先の塁を常に狙う姿勢…これぞカープ野球の真髄といった走塁を見せ、一気に逆転に成功しました。

相手がミスすれば、一気に流れをつかむ…それもまたカープの野球です。相手の隙を逃しません。野間選手がショート頭上を越える詰まった当たりのセンター前で1点を追加すると、2死からメヒア選手はサードのグラブをはじく痛烈なレフト前ヒットで、更なる追加点を奪いました。


不思議な勝利でもありました。投手陣は9個の四死球。しかも今村投手は危険球退場。このような状況でも勝利につなげました。相手のミスから一気に逆転に成功したカープ。そこに勢い、そして連覇したという精神的な成長も感じました。けして磐石な勝利ではないものの、それでも勝ちに結びつけましたし、何よりも悩む薮田投手に勝利がつきました。チームにとっては大きな1勝なのは間違いありません。この勝利を明日につなげてほしいと思います。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
10位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる