☆KUNI’s EYE(4/10・vsT)☆拙攻には拙守でお礼…あぁ3連敗

☆KUNI’s EYE(4/10・vsT)☆拙攻には拙守でお礼…あぁ3連敗

カープ先発・薮田投手は、初回からストレートが高めに上ずったり、力んで低めに沈んでしまったりと、今日はどちらかといえば、変化球よりもストレートの制球に苦しんでいたように思います。それでも、薮田投手は4回まで1失点に抑えました。その背景には、例えば3回裏の阪神の攻撃、1死1・2塁の場面で、ファーストランナーが飛び出し、会沢選手が見事に刺し、ロサリオ選手を三振に抑えるなど、相手の拙攻に助けられた面もありました。

5回まで、何とか1失点に抑えていました。しかし、ここまで6つの四球を与えていた薮田投手。前回と何ら変わることのないコントロールのなさ。いつ崩れてもおかしくない状況でした。

6回裏。先頭の福留選手に対して、あっさりと2ボール。しかし、3球目の高めのボール球に手を出してくれて、セカンドフライに抑えました。これは薮田投手にとってはラッキーではあったのですが、それをフイにするかのように、続く大山選手には初球以外、まったくストライクが入らず四球。続く糸原選手にも四球。ここでたまらず、投手交代となりました。

しかし、一岡投手も続く梅野選手に四球を与えると、代打・俊介選手に対しても3ボール1ストライクとカウントを悪くしてしまいます。6球目、高くバウンドしたショートへの当たりを、そのバウンドに合わせることが出来なかった田中選手が、グラブに当てることも出来ずに後逸…。エラーが出ましたが、やはり四球ばかり連発していると、守備にも悪影響を及ぼしてしまうのでしょう。結局、続く伊藤隼選手にはピッチャー強襲の内野安打を打たれ、あっさりと、わずか1安打で逆転を許してしまいました


カープは開幕から逆転勝利を積み重ねてきました。しかし、その一方で先手を奪うと、逃げ切りに四苦八苦してしまいます。やはり僅少差の試合をモノにしていかなければ、シーズン通しての戦いはどうしても苦しくなってしまいます。特に阪神のように、投手力のあるチームの場合、わずかなリードを奪えば、何としても死守しなければなりません。しかし、今日に関しては先手を奪っても、逃げ切ることは出来ませんでした。

今日のような試合こそ、モノにしていかなくてはなりません。特に今日は相手の攻撃もミスが目立ち、助けてくれた面も多かったのですから。しかし、モノに出来ずに、カープは今季初の3連敗となってしまいました。

スタートは素晴らしかったのですが、どうもここへきて、投打の歯車がかみ合わなくなっている…というか、今日のように先発が6回途中8四球と四球連発となると、どうしてもリズムが狂ってしまいます。ここをどう立て直していくか、3連敗という中で、明日は先発ローテーションの谷間。この3連戦を考えると苦しい状況となっていますが、ここで何とか踏ん張っていくしかありません。新井選手も鈴木選手も欠いており、苦しいチーム状況ですが、ここで踏ん張れるか、チームの真価が問われます。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
10位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる