☆KUNI’s EYE(4/13・vsG)☆マズい兆候…

☆KUNI’s EYE(4/13・vsG)☆マズい兆候…

カープは初回、丸選手のタイムリーで幸先良く先制点を奪いました。相手は目下6連敗中の巨人だけに、このリードを糧にして、しっかりと勝ちきってもらいたいところでした。しかし、その直後の1回裏、あっという間に形勢は逆転されます。

カープ先発・野村投手は立ち上がり、コントロールが甘く入る部分が多くあったように思います。先頭の坂本選手にセンター・丸選手が懸命にジャンプするも、わずかに及ばず、3塁打とされると、続く吉川尚選手の当たりはファースト・安部選手が逆シングルでキャッチしようとして、それをはじくエラー。通常はサードを守る安部選手にとって、今日はファーストでのスタメン。通常はあまり逆シングルでキャッチするケースが少ないだけに、そういった不慣れな部分もあったのでしょう。守りのほころびが失点につながりました

ただ、先頭打者に3塁打を浴びただけに、この1点は仕方ないととらえるべき。しかし、その後もマギー選手にタイムリーを浴び、岡本選手には真ん中寄りに入った球を上手くすくい上げられる2ラン。中井選手には厳しい内角の球を上手くさばかれて、さらに1点を失いました。

調子の上がらないチームに、いきなり5点を奪われて、劣勢に立たされるという展開。しかも、同じく調子の上がらない巨人先発・菅野投手に対して、いきなり4点のリードを奪われるとなると、さすがに相手も自分のペースを徐々につかまれてしまいます。弱っている相手を元気付けてしまい、ゆとりを与えてしまう展開に持ち込まれてしまったこと…これが最大の敗因でしょう。


それにしても、横浜DeNAとの3連戦では、当たりのなかった筒香選手に2本塁打を浴びて、活気付かせてしまいました。阪神戦ではルーキーの投手を相手に、淡白な攻撃が目立ち、簡単にプロ初勝利を献上してしまいました。そして今日は、6連敗中の相手にいきなり5点を献上し、しかも眠っていた相手のエースを目覚めさせてしまいました。

調子の上がらない相手を調子付かせてしまうケースが目立つのがここまでのカープ。かつて、Bクラスに沈んでいた頃のカープは、調子の上がらないチームを目覚めさせ、新人に初勝利をプレゼントし、相手が調子が悪ければ、自分たちまで調子が悪くなる…そんなお人よしな雰囲気が漂っていましたが、今のカープはまさにその状況。なんとなく、Bクラス転落にも似た、マズい兆候が漂っています

それは4番・鈴木選手がいないからか、それともチームの精神的支柱・新井選手がいないからか…確かにそれもあるかもしれませんが、不在の間でもチーム一丸で乗り切り、それで結果を残してきたはず。明日は開幕から2試合で防御率11.25と、やはり調子が上がらない田口投手が相手。まさか…この投手まで調子付かせる、なんてことにならないように!


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
10位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる