セリーグ順位表(4/16時点)

◎セリーグ順位表(4/16時点)

4月16日時点のセリーグの順位表です。

1位:横浜DeNA 14試合9勝5敗0分 勝率.643 差 -
2位:広島     15試合9勝6敗0分 勝率.600 差 0.5
3位:東京ヤクルト 15試合8勝7敗0分 勝率.533 差 1.0
4位:阪神     14試合7勝7敗0分 勝率.500 差 0.5
5位:中日     15試合6勝9敗0分 勝率.400 差 1.5
6位:巨人     15試合5勝10敗0分 勝率.333 差 1.0

まだシーズンも始まったばかりなので、現時点での順位はあまり関係ないのですが、目下17年ぶりの8連勝中という横浜DeNAが一気に首位に立ち、カープは4連敗もあって2位に後退。3位には東京ヤクルトがつけているという状況です。それにしても、あくまでもまだシーズンは始まったばかりなのですが、10年前であれば、Bクラスの常連だった3チームが、今では揃ってAクラスにいるという順位表を見ていると、感慨深く感じられます。

横浜DeNAは先発陣に今永投手やウィーランド投手、浜口投手を欠く中で、飯塚投手、京山投手、バリオス投手が奮起し、一気に成績を押し上げました。筒香選手の打撃好調も重なって、連勝街道まっしぐらとなっています。昨年、カープは野村投手がなかなか勝ち星が伸びず、ジョンソン投手が離脱する中で、薮田投手、岡田投手、大瀬良投手、中村祐投手らの躍進で連覇を達成しましたが、そのときの雰囲気に今の横浜DeNAが重なります。投打ともに充実ぶりを感じるだけに、主力の先発投手が戻ってきたときにはますます選手層が厚くなってくるのではないかという予感さえ漂います。

カープは一時、4連敗で貯金を1つまでに減らしてしまいましたが、巨人に連勝し、何とか3つまで取り戻しました。先発陣に不安を抱え、また「タナキク」の打率が上がってこない状況。昨年に比べると勢いが小さい印象を受けますが、こちらは4番・鈴木選手、さらにはチームの精神的支柱である新井選手が不在という中で、何とか踏ん張っています。彼らの復帰を躍進のきっかけにしたいところです。後は先発投手に新たな若手の台頭があればいいのですが…。その点では中村祐投手、高橋昂投手に期待が高まります。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
10位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる