FC2ブログ

<KUNIの雑感491>都道府県対抗男子駅伝を見て…

<KUNIの雑感491>都道府県対抗男子駅伝を見て…

年が明けて3週間ほど経つと、広島では全国都道府県対抗男子駅伝が行われます。かつては福山から広島までをつなぐ中国駅伝がありましたが、それを受け継ぐ形で1996年に始まりました。広島市内の平和記念公園から、ちょうど広島県廿日市市のカープの大野寮がある付近までを往復する48キロ、7区間の駅伝です。

広島市内は6本の川が広がる三角州上に、いわゆる旧市街があります。三角州といえば、高低差がないフラットな地形ではありますが、数多くの橋は、川を越えるために前後が坂道になっていることが多く、特に市内中心部は微妙なアップダウンが多くなっています。

例年、全国でテレビ中継が行われますが、幼少時代に広島の市内中心部に暮らしていた私にとっては、特に中心部をぐるりと回る最終の第7区などは見慣れた景色が多々あり、懐かしさを感じながら見ています。広島市西部はJR山陽本線と広電宮島線にはさまれた国道2号線を走りますが、宮島が見える瀬戸内海の景色は良いものです。

今年は長野が大会最多記録を更新する8回目の優勝を飾りました。25回行われた大会のうち8回優勝ですから、3回に1回の割合…かなり強いですね。2位が兵庫、3位が埼玉と、これまた優勝経験がある県が上位に食い込みました。

で…これはこじつけのような感じでもありますが、どうしても思い浮かべてしまうんです。

広島で長野が強い

昨年は突然のカープ移籍で物理的にも精神的にもバタバタし、なかなか思うような結果が残せなかった長野選手。「ちょうの」と「ながの」で読みは違えど、漢字では「長野」つながり。駅伝の結果にあやかって、今年は長野選手がマツダスタジアムで何度も輝くような活躍を見せてくれるんじゃないか…そんな期待が膨らみます


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

#55・松山竜平選手~5番打者に定着し、4番を支える~

◎#55・松山竜平選手~5番打者に定着し、4番を支える~

セリーグ3連覇の軸となった「タナキクマル」は丸選手のFA移籍により解体し、それにより昨季は4番・鈴木選手に他球団のマークが集中する可能性があったために、若き4番を支える存在がどうしても必要でした。鈴木選手の直後を打つ5番打者の最有力候補として期待された松山選手…2018年にはプロ11年目にして初の規定打席到達、打率.302をマークしただけに、昨季はそれ以上の活躍をと期待されましたが…

そんな松山選手の昨季の1軍での成績を振り返ってみましょう。

☆1軍
試合:110
打数:294
安打:76
本塁打:6
打点:49
四死球:31
三振:42
盗塁:0
失策:7
打率:.259
出塁率:.327


元々、松山選手といえば、開幕直後はなかなか調子が上がってこないスロースターターの傾向がある打者ですが、昨年はそれに輪をかけて、開幕からなかなか調子が上がってこない日々でした。開幕戦でスタメン出場するも、シーズン初安打を放ったのは実に9試合目のこと…やはり、丸選手が抜け、打線の中で自分が穴を埋めつつ、4番を支えなくてはならないというプレッシャーと、スロースターターであることが悪循環を呼んだのでしょうか

打率が1割台に低迷する中、4月21日、1軍登録を抹消されました。ほどなく1軍復帰を果たしましたが、5月を終わっても打率は1割台と超低空飛行。6月7日に再び1軍登録を抹消されました。

6月中に再び1軍に昇格しましたが、開幕から長く続いた打率1割台をようやく脱出したのは、オールスターも終わり、シーズンは折り返し地点を過ぎた頃でした。7月下旬には猛打賞やマルチヒットも記録するようになり、ようやく松山選手らしい打撃が戻ってきました。ただ、その復調の時期があまりにも遅すぎました。シーズンが終わってみると、2018年シーズンの成績より、軒並み大幅ダウンとなりました。

相手投手の左右別打撃成績を見ると…

対左投手:103打数25安打 2本塁打 14打点 打率.243(長打率.359)
対右投手:191打数51安打 4本塁打 35打点 打率.267(長打率.382)


野村元監督時代の松山選手は、対左投手でほとんど起用されなかったものの、緒方前監督となり、相手投手の左右にかかわらず起用される試合も増えました。その中で左投手にも対応できるようになり、昨季に関しても、左右で大きな違いはありませんでした。かつては左投手だと長打が打てない傾向がありましたが、調子を落とした昨季でも、左投手からも比較的長打を放っており、けして極端な苦手意識がある印象はありません

松山選手といえば、内角低めの球を素晴らしいバットコントロールではじき返す打撃が魅力です。そのため、内角に食い込むスライダーや、タテに変化するフォークやカットボールには無類の強さを誇り、芸術的なバッティングを見せます。しかし、かつてはしっかり弾き返せていたストレートに、昨季は対応できない傾向がありました。

昨季の得点圏打率は.319と、不振だった昨季も高いアベレージとなっています。大舞台も経験しており、チャンスに強さを発揮しています。4番の後を打つ5番打者としては、実績、経験ともに申し分はありません。ただ、もう一度、しっかりとストレートをはじき返すだけのスイングの鋭さを取り戻せるかがカギでしょう。

勝負強さがあるだけに、開幕からコンスタントに結果を残せるか、そして守備には課題があるだけに打撃でそれを大きくカバーできるか…2018年は規定打席に到達する活躍を見せただけに、もう一度、ベテランの底力を見せてほしいところです。4番を支え、下位打線につなぐ役割を担える貴重な存在なのですから。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

沖縄キャンプの練習試合日程発表

◎沖縄キャンプの練習試合日程発表

2月1日から1軍は宮崎・日南で、2軍は沖縄市でそれぞれスタートする春季キャンプ。2月13日からは1軍、2軍で場所を入れ替えて、1軍の沖縄キャンプが行われます。沖縄キャンプは例年、他球団との練習試合が行われますが、今年も4試合が組まれることになりました。そのスケジュールは以下のとおりです。

2月14日・vs千葉ロッテ(13時・沖縄市コザしんきんスタジアム)
2月15日・vs阪神(13時・宜野座村野球場)
2月16日・vs中日(13時・北谷公園野球場)
2月19日・vs北海道日本ハム(13時・名護市営球場)


今シーズンは東京オリンピック期間中はシーズンをいったんお休みするために、開幕が例年よりも早くなります。そのため、すべてが1週間から10日ほど前倒しで進んでいるという印象です。日南キャンプでも紅白戦を積極的に行い、沖縄に移動後もいきなり3連戦となっています。

なお、2月19日の練習試合が終われば、次はいよいよ2月22日にオープン戦が開幕します。対戦相手は東京ヤクルトで、13時から那覇市の北部にある浦添市の浦添市民球場で行われます。

ところで、今年はいつにない暖冬で、1月には見られない、まるで梅雨のように雨ばかりが降る予報となっています。練習試合は実戦感覚を取り戻したり、今シーズンの戦力見極め、さらには佐々岡監督にとっても細かな采配の予行演習となる重要なもの。だからこそ、雨の影響が極力少なく、順調に練習試合、オープン戦がこなせることを願うばかりです


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<KUNIの雑感490>新井さんカレー

<KUNIの雑感490>新井さんカレー

年末年始に広島に帰省中、近所のスーパーに買い物しに行ったときのこと。昔、「おせちに飽きたらカレーもね」なんてCMがありましたが、何となくカレーが食べたくなり、カレールーやレトルトカレーが並ぶコーナーに。すると一際目立つこんなカレーを見つけました!

新井さんカレー

パッケージに大きく新井さん。その名も…

新井貴浩 全力カレー

です。何とも新井さんらしい商品名。しかも新井さんの笑顔がどんとあるパッケージ。さすがに目に付きます。「家族一丸となって食べられるカレー」ということで、新井さん自身がプロデュースしたそうで。「家族」「一丸」、いかにも新井さんらしいフレーズが並びます。そして気が付いたら、買い物カゴに入れてました。

で、自宅に戻り、パッケージを開けると…

新井さんカレー2

パッケージのド派手さとは裏腹に、白いレトルトパウチはごくシンプル。一般的なレトルトカレーのようなデザインもなく、ただただ真っ白。ただ、右下に賞味期限と「ARAI」の文字があるだけ。

熱湯で温めて、皿に盛り付けてできあがり。

新井さんカレー3

一般的なレトルトカレーでは、個人的にはあまり見かけたことがないひき肉を使ったもので、大きくとろけるようなじゃがいもが目を引きます。辛いカレーが好きな方には少し物足りなさを感じるかもしれませんが、ひき肉と細かく刻んだタマネギの効果からか、食べると甘みもあって、まろやかでコクもあって美味しい!

新井さん、これを食べて大きくなったんですね。

ちなみにパッケージには幼少時代、野菜嫌いだった新井さんに何とか野菜を食べさせようと、お母様が野菜を細かく刻んだり、とろけるまで煮込んだりしてカレーを作ったそうで、今回のカレーは思い出の味を再現したとのことです。数あるレトルトカレーの中でもかなり美味しかった思います。新井さんが育ったカレー、これはオススメです


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

#16・今村猛投手~シーズン終盤に復活の兆し~

◎#16・今村猛投手~シーズン終盤に復活の兆し~

2016年、カープが25年ぶりのセリーグ優勝を果たした年、今村投手は勝利の方程式の一角として、67試合に登板しました。翌2017年には中崎投手に代わって守護神を任された時期もあり、68試合に登板し、自己最多の23セーブをマークしました。そして2018年は43試合に登板にとどまりました。やはり登板過多の年が続いたことが影響してか、ストレートの威力が顕著に低下しているようでした。そして昨年は…

それでは、今村投手の昨季の1軍での成績を振り返ってみましょう。

☆1軍
27試合 3勝1敗1S(4ホールド)
イニング:25.1
被安打:18
奪三振:17
四死球:10
自責点:10
防御率:3.55
WHIP:1.07


リーグ3連覇の立役者の1人でもあった今村投手。ただ、登板過多の年が続き、やはりストレートを見ると、疲労の蓄積を感じずにはいられませんでした。なかなか調子が上がらない中で、開幕から出遅れが続き、2軍での調整期間も長くなりました。ようやく1軍昇格となったのは、開幕から3ヶ月以上経過した7月3日のことでした。

1軍昇格直後から、中継ぎでの登板が続きました。ストレートはけして本来の今村投手とは程遠い印象を受けました。しかし、今村投手にはフォークという大きな武器があります。そして過去の実績や経験もあります。1軍昇格後、7月には11試合に登板しましたが、すべて無失点に抑える好投を見せました。今村投手の復帰は手薄になった中継ぎ陣にとって大きな戦力となりました。

8月に入ると徐々に失点を重ねるシーンも目立ちましたが、7月3日の1軍昇格後は、シーズン終了まで1軍で登板を重ねました。特に、シーズン最後の登板となった9月19日の横浜DeNA戦では一発を浴びて、1回3失点という内容でしたが、この日はストレートが走り、昨年では唯一、ストレートが150キロに到達した試合でもありました。

今村投手の相手打者の左右別の被打率を見てみましょう。

対右打者:43被打数9被安打 被打率.209
対左打者:45被打数9被安打 被打率.200


相手打者が右打者であろうと、左打者であろうとしっかりと抑えています。今村投手は主にストレート、スライダー、フォークの3つの球種で、全体的に外角を中心に攻めていくタイプの投手。外角低目へのコントロール、そしてフォークを随所に使えるところが魅力です。確かに投球のパターンが少ない印象がありますが、低めに集められるために、相手打者が左右どちらであろうと抑えられるように思います。

佐々岡監督は中継ぎに強い球を投げられる投手を条件に挙げています。現状では今村投手の起用については明言していません。今村投手もシーズン終盤に見せた150キロ…球威を取り戻せば、かつての輝きも取り戻すことが出来るはずです。中継ぎの層は長いシーズンを戦うにあたって、少しでも厚い方が良いのは間違いありません。

だからこそ、実績、経験十分で、相手打者の左右に関わらずしっかり抑えられる今村投手が昨季の150キロを手ごたえに、復調のきっかけとしてくれれば、中継ぎ投手陣にとって大きな戦力であり、精神的支柱になるはずです。近年は登板過多が続いただけに、今季は復調した今村投手本来の姿を見せてほしいと思います。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる